沿革

1884年(明治17年) 大阪商船会社(1893年より大阪商船(株)。現 (株)商船三井)設立
1907年(明治40年) 大阪商船(株)に内航部新設
1912年(明治45年) 大阪商船(株)が阪神・別府航路開設
1942年(昭和17年) 関西汽船(株)設立
(大阪商船(株)が内航部を分離し、瀬戸内海航路を経営する摂陽商船(株)、阿波国共同汽船(株)、宇和島運輸(株)、土佐商船(株)などとともに新会社設立)
1968年(昭和43年) 九四阪神フェリー(株)設立
(阪神地区の内航船会社や寄港地となる大分と愛媛の企業代表者10名が発起人となり設立)
1969年(昭和44年) 九四阪神フェリー(株)が(株)ダイヤモンドフェリーに社名変更
1970年(昭和45年) (株)ダイヤモンドフェリーが神戸・大分航路で営業開始、同年松山寄航開始
2000年(平成12年) (株)ブルーハイウェイラインが大阪・志布志航路を分社化し、(株)ブルーハイウェイライン西日本を設立
2005年(平成17年) (株)ダイヤモンドフェリーと関西汽船(株)が営業組織を統合し、「フェリーさんふらわあ」(共同運航センター)を設立
2007年(平成19年) (株)ダイヤモンドフェリーが(株)ブルーハイウェイライン西日本と合併し、大阪・志布志航路を継承
2011年(平成23年) (株)ダイヤモンドフェリーと関西汽船(株)が合併し、新たに(株)フェリーさんふらわあとして発足
「昼の瀬戸内感動クルーズ」、「弾丸フェリー®」などの企画商品を販売開始
2012年(平成24年) 阪神・別府航路開設100年

PAGE TOP