さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年1月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
1月初旬21時頃
1月中旬20時頃
1月下旬19時頃

冬の夜空は、ほかの季節より明るい星がたくさん輝いているので、ひときわ豪華に見えます。明るい星を結んでできる大きな三角形や六角形は、それぞれ「冬の大三角」「冬のダイヤモンド」とよばれ、冬の星空の目印となっています。明るい街中でも、これらの1等星は見ることができます。一方、街灯りの影響を受けない海上では、星座の形や、星の色の違いもよく見えて、名前の由来もよくわかってきます。例えば、金ぼしと銀ぼし、平家星と源氏星は、ペアになって見えるふたつの明るい星ですが、ひとつは赤っぽく、もうひとつは白く見えることから名付けられました。五角星や鼓(つづみ)星、釣鐘(つりがね)星は、星を結んでできる形から名付けられたことがわかります。これら、にぎやかな1等星の星空から少し上に目を向けると、あまり明るくありませんが、小さな星の集団が目に付きます。星が統べられているように見える、すばるです。六つの星が連なっているようにも見えるので、六連(むつら)星ともよばれていました。肉眼では6個しか見えませんが、実際には100個ほどの星が集まっている星団(せいだん)です。このすばるや、とても明るく輝いて大きく見える大星(おおぼし)は、その星のようすから名付けられたのです。これらの名前は昔から伝わる名前ですが、名前をつけた人々は、それぞれの星の特徴をとてもよく見ていると感心してしまいます。でも、必ずしもその名前を覚える必要はありません。気になる星を見つけたら、どんな星かよく見て、自分で名付けてみるのも星のひとつの楽しみ方です。

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
1月初旬21時頃
1月中旬20時頃
1月下旬19時頃

夜空の星々は、時間とともに、そして季節とともにその位置を変えていきますが、北極星だけはほとんど動くことがありません。そして北極星の見える方角がほぼ真北となっていることから、昔から北極星は夜の航海には欠かせない星でした。北極星はポツンと輝いているので、いきなり見つけることが難しいのですが、やまがた星(カシオペヤ座)や秋の四辺形(ペガスス座)の形をたよりにすると、簡単に見つけることができます。

南の空

南の空
この星空が見える時間
1月5日6時頃
1月15日6時頃
1月25日6時頃

日の出が遅い1月は、午前6時ごろまで星空を見ることができます。肉眼で見える惑星は5つありますが、今月の早朝の空には、水星以外の4つの惑星が見えています。金星はいつも低い空にしか見えませんが、夜空の星の中で最も明るく、真珠星や麦星といった明るい1等星よりも20~30倍もの明るさで輝いています。空が白んできても見えるので、日の出直前まで楽しめます。夜半に東の空から昇ってくる木星は、明け方には南西の高い空に移動しますが、金星が昇ってくる5時ごろまでは夜空で一番明るく輝いています。太陽のまわりを回る惑星たちは、夜空の普通の星々とは少し違う動きをしていて、特に金星や火星はその動きが大きく、目立ちます。火星は近くの真珠星と、金星は動きの遅い土星と比べると、日に日に動くようすがよく分かります。そんな惑星たちを、いつもよりちょっと早起きをして観察してみませんか?

しぶんぎ座流星群を見てみよう!

1月4日から5日にかけては、三大流星群のひとつ、しぶんぎ座流星群のピークです。流星群の流れ星は、輻射点という点から放射状に流れ出るのが特徴で、しぶんぎ座流星群の輻射点は23時を過ぎに地平線から昇ってきますので、夜半過ぎの観察がおすすめです。今年はあまり条件がよくありませんが、それでもうまくいけば1時間に20個くらいの流れ星が見られるかもしれません。月が4日は2時過ぎに、5日は3時前に昇ってくるので、それまでがチャンスです。北東を向いて、頭上の空全体をぼんやり眺めてみましょう。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP