さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年3月の夜空

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
3月初旬21時半頃
3月中旬20時半頃
3月下旬19時半頃

凍てつく寒さが少し和らぐ3月は、霞がかかる春までの間、賑やかな冬の星空をもっとも気持ちよく楽しめる時期です。日没後、南西の空を見あげると、明るい7つの1等星がぱっと目に入ります。この冬の1等星を結んでいくと、大きな三角形と六角形になることから、それぞれ冬の大三角、冬のダイヤモンドとよばれるようになりました。これらの星々をよく見みると、少し色づいていることが見えてきます。日本ではその昔、その色から、金ぼし・銀ぼし、平家星・源氏星といった名前をつけていました。現在では、星の色は表面温度と関係していて、赤い星は温度が低く、青白い星は温度が高いということが分かっています。風の強いデッキで星を眺めていると、冬は特に、キラキラと星の瞬きが見え、星々をいっそう美しく感じさせてくれます。この瞬きは、星々がとてつもなく遠くにあって小さい点にしか見えないこと、そして私たちが地球の大気を通してその光を見ていることが原因で、大気のない宇宙に出てしまうと見えなくなります。地球に居るからこそ楽しめる瞬く星空なのです。これら冬の星々は夜半には沈んでいきます。そろそろ見納めとなる時期、海抜0mという最も深い大気の底で、ぜひお楽しみ下さい。

北の空

北の空
この星空が見える時間
3月初旬21時半頃
3月中旬20時半頃
3月下旬19時半頃

北の空には、柄杓の形をした北斗七星と、ふたこぶの山や碇の形に見立てられたやまがた星/いかり星の両方がよく見え、北極星が探しやすい空となっています。北斗七星は時間とともに空高くに昇り、見えやすくなるので、柄の端からふたつめの星に注目して見てみましょう。この星は、目のよい人には明るい星のそばにより添うように暗い星が見える、二重星です。西洋ではミザールとアルコルとよばれますが、日本では暗い方をそえぼしとよんでいました。40歳を過ぎると見分けられなくなると、四十ぐれというよび名もあったそうです。さて、皆さんには見えるでしょうか? ぜひ探してみて下さい。

東の空

東の空
この星空が見える時間
3月初旬21時半頃
3月中旬20時半頃
3月下旬19時半頃

3月になると、西洋で獅子に見立てられたしし座が、日暮れとともに、東の空を駆け上り始めます。「?」マークを反転させた形に見える獅子の頭の部分は、草を刈る鎌(かま)に見立てられて「獅子の大鎌」ともよばれています。日本では、鎌の部分を糸車に見立て、しし座全体を糸を紡ぐ道具として「いとかけ星」とよぶ地域もありました。今年は、獅子の足もとで木星が明るく輝いているので、見つけやすい星座になっています。

見れば見える 日食と月食

3月9日は新月の日です。この日、太陽とほぼ同じ時間に昇ってくる月は、午前11時前後に太陽に重なり、部分日食が起こります。太陽の下側が少し欠ける程度なので、暗く感じることはないですが、日食グラスを使えば、欠けた太陽を見ることができます。一方、3月23日は、満月の日です。この日、地球をはさんで太陽と反対側に来る月は、太陽からの光の一部が地球によって遮られる、地球の半影のとよばれる領域を通過し、半影月食が起こります。20時45分前後に、月を注意深くよく見ると、月の右下側が少し暗くなっているのが分かるかもしれません。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP