さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年5月の夜空

南の空

南の空
この星空が見える時間
5月初旬23時頃
5月中旬22時頃
5月下旬21時頃

5月になると、東の空に火星や土星が夜中前に見えるようになってきます。約2年ごとに地球に接近する火星は、5月末に最接近し、これまで夜空でいちばん明るかった木星よりも、さらに明るく輝きます。火星や土星のそばで輝く赤い星は、その色から日本では赤星とよばれていた星です。赤星は自ら光を放つ太陽と同じ恒星で、一方火星は太陽の光を反射して輝く惑星ですが、その見かけの輝きが似てることから、ギリシャではこの赤い星に「アーレス(火星)に対比するもの」という意味のアンタレスという名前がつきました。火星は夜空で日に日に位置と明るさを変えますが、今年は5月と8月に赤星(アンタレス)に接近します。5月は火星が、8月は赤星(アンタレス)が明るくなります。ふたつの赤い星の拮抗する輝きに、ぜひご注目ください。

西の空

西の空
この星空が見える時間
5月前半日没後20時ごろまで

西の空には、冬の1等星たちの半分を今少し見ることができます。夜空で最も明るい恒星の大星(シリウス)は白い星ですが、低い空では、夕日が赤く見えるように元の色より赤っぽく見えます。平家星(ベテルギウス)は元々赤い星ですが、より赤く見えます。これは地球の大気が起こす色の変化です。5月後半になると日暮れが遅くなり、一方星は毎日4分ほど早く沈むので、これら冬の星々は、いよいよ5月前半が見納めとなります。冬の星々の今シーズン最後の輝きを、どうぞお楽しみください。

東の空

東の空
この星空が見える時間
5月初旬22時頃
5月中旬21時頃
5月下旬20時頃

北斗七星は、柄杓(ひしゃく)の形に見立てられたよく知られた星座ですが、高いところで輝く春が、いちばん見つけやすい季節です。北斗七星をたよりにすると、真北からほとんど動かず、方角の指針となる北極星を見つけることができます。昔から夜の航海には欠かせない北極星を、みなさんもこの航海で見つけてみていかがでしょうか。北斗七星の柄の端からふたつ目の星は、目のよい人には小さな星がくっついていることがわかります。このように一見、重なってひとつに見える星を二重星といいます。明るい方のミザールは、望遠鏡で見るとさらにふたつの星が重なっており、このふたつの星は、互いに互いを回り合う、重力的に結びついた連星であることも分かっています。北斗七星の柄のカーブを伸ばしていき、オレンジ色の麦星、青白い真珠星を結んでいくと、大きな曲線を描くことができます。この曲線は春の夜空でよく見えることから、春の大曲線とよばれています。その終点には、少し暗い3等星の星でできる四角形があり、日本では四つ星とよばれたり、船の帆に見立てられて帆かけ星とよばれていました。街中では見つけることが難しい星座ですが、船上の暗い夜空なら、きっと見つかるでしょう。 南西の空には木星も明るく輝いており、5月の天頂は、なかなか賑やかな星空となっています。

流星群の星を見てみよう!

ゴールデンウィークは、みずがめ座η(イータ)流星群の季節です。今年は新月直前の6日、夜明け前にピークを迎えるので、とても観察条件がよい年です。みずがめ座はわかりにくい星座ですが、東を向いて、夏の大三角から頭上をぼんやり見上げるとよいでしょう。2時を過ぎると土星や火星は南から南西の空で明るく輝くので、方角の目印になります。流星を観察するときのコツは、暗い所で楽な姿勢をとり、空全体をぼんやり眺めて待つこと。1時間に10個くらいの流れ星が見られるかもしれません。5日、7日の未明もチャンスです。
ぜひ、挑戦を!

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP