さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年6月の夜空

南の空

南の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

21日に夏至を迎える6月は、1年の中で最も日暮れの遅い時期で、20時ごろはまだ夕焼けが空に残る時間帯です。でも、このころには木星や火星、土星といった惑星が、星座をつくる星々に先立って明るく輝きはじめます。しばらくすると、頭上にオレンジ色の麦星、そしてその下に白っぽい真珠星が輝きはじめ、やがて夜空全体に星が見えるようになってきます。真珠星はその名の通り、真珠のように白っぽい色からついた名前です。一方麦星は、秋小麦を刈り入れるこの季節、一番星として頭上で輝く姿から付けられた名前で、麦苅り星とよぶ地域もあったようです。その他にも、梅雨の晴れ間に見えることから、五月雨星(さみだれぼし)という名前も残っています(五月雨とは旧暦五月の梅雨の雨のことをいいます)。土星と火星のそばには、赤い色をした赤星が輝いていますが、西洋ではこれをアンタレスといいます。語源はアンチ・ターレスと言われ、「アレス(火星)に対抗する星」という意味になります。火星は太陽の光を反射し、アンタレスは自ら光を出して輝くまったく違うタイプの星ですが、私たちの目には色がよく似ていて、15年ごとに今年のように近くで競うように輝き合うのです。このあたりの星を結んで、西洋ではアンタレスを目に持つ、さそり座という星座が作られました。日本では同じ形を、魚釣りに使う釣り針に見立てて魚つり星とよんでいました。いとかけ星は糸を紡ぐ道具である糸車の、帆かけ星は船の帆のイメージです。西洋ではそれぞれ、獅子とカラスの姿に見立てられました。昔の人々は、このように自分達の感覚で気になる星に名前を付けて、季節ごとに移り変わる星々を感じていました。数の多少はあれども、世界中でどの民族もやってきたことです。皆さんもどうぞ、時々じっくり星空を眺めながら、皆さん自身でその変化に触れ、名前を付けてみたり、季節の移り変わりを楽しんでみてください。 まずは今夜、船のデッキで星空を見上げてみるのはいかがでしょうか。

東の空

東の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

6月になると、東の空には徐々に夏の星が姿を見せはじめます。その中でまず目にとまるのは、白く輝く1等星・おりひめ星です。おりひめ星といえば七夕(たなばた)の星ですが、「たなばた」という言葉はもともと「棚機」の読みで、織女であるおりひめ星のことでもありました。そして、おりひめ星の次に昇ってくる明るい星を「あとたなばた」とよび、天の川を挟んで反対にある明るい星を、ひこ星とよんだのです。夜中を過ぎれば、これらの星々は頭上高くに昇ります。そのころであれば、天の川もきっと見えるでしょう。

北の空

北の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

北斗七星は、柄杓(ひしゃく)の形に見立てられたよく知られた星座ですが、高いところで輝く春が、いちばん見つけやすい季節です。北斗七星をたよりにすると、真北からほとんど動かず、方角の指針となる北極星を見つけることができます。昔から夜の航海には欠かせない北極星を、みなさんもこの航海で見つけてみていかがでしょうか。北斗七星の柄の端からふたつ目の星は、目のよい人には小さな星がくっついていることがわかります。このように一見、重なってひとつに見える星を二重星といいます。明るい方のミザールは、望遠鏡で見るとさらにふたつの星が重なっており、このふたつの星は、互いに互いを回り合う、重力的に結びついた連星であることも分かっています。北斗七星の柄のカーブを伸ばしていき、オレンジ色の麦星、青白い真珠星を結んでいくと、大きな曲線を描くことができます。この曲線は春の夜空でよく見えることから、春の大曲線とよばれています。その終点には、少し暗い3等星の星でできる四角形があり、日本では四つ星とよばれたり、船の帆に見立てられて帆かけ星とよばれていました。街中では見つけることが難しい星座ですが、船上の暗い夜空なら、きっと見つかるでしょう。 南西の空には木星も明るく輝いており、6月の天頂は、なかなか賑やかな星空となっています。

輝く人工衛星を探してみよう!

夜空を眺めていると、ゆっくり動きながら光るものがしばしば見られます。それらのたいていは飛行機で、星よりかなり明るく、点滅する部分があるのが特徴です。一方、点滅せずに更にゆっくり動くものが見つかれば、それはきっと人工衛星です。人工衛星は、目で見えるものだけでも数百あると言われていますが、国際宇宙ステーション(ISS)などは、1等星くらいまで明るく見えることがあります。日没後90分以内、6月ならば20時半くらいまでが観察のチャンスです。マジックアワーと合わせて楽しむのががおすすめです。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP