さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年11月の夜空

東の空

南西の空
この星空が見える時間
11月初旬20時半頃
11月中旬19時半頃
11月下旬18時半頃

11月に入ると、秋の夜空の目印となる「秋の四辺形」が頭上によく見えるようになります。日本ではその形から「ますがた(枡形)星」とよばれました。カシオペヤとアンドロメダはギリシャ神話が由来の名前で、椅子に座ったエチオピア王家の女王と、岩に生け贄として貼り付けられた王女の姿が見立てられています。アンドロメダ座は少々見つけにくい星座ですが、カシオペヤ座のMやWの形は見つけやすく、日本にも山や碇の形に見立てられた名前が残っています。このWの形をうまく使うと、北極星とアンドロメダ銀河を見つけることができます。北極星は夜空の中で唯一時間と共に動かず、真北に位置しているので、昔から方角の指標とされてきました。夜の航海には欠かせない星でした。一方アンドロメダ銀河は、星のようにはっきりと光るものではなく、ボウッと薄い雲のように見える、星雲ともよばれていたとても見えにくい天体です。しかしそれは、230万光年という彼方にある1~2千億個の星が集まったものです。街から離れた海上の暗い空ならば、晴れて月あかりない夜に見えるかもしれません。東の低い空に目を落とすと、カペラやアルデバランといった冬の明るい星々が見え始めます。これらがよく見え始めたら、「すばる」も見えているはずです。すばるは肉眼で6個ほどの小さな星が集まって見える星の集団で、星が統べられているように見えるから「すばる」、六つ群れているように見えるから「むつらぼし」「むれぼし」というように、様々な名前が日本には伝わっています。実際には100個ほどの若い星が集まった星団で、銀河と同様に、暗い空なら楽しめる天体です。ぜひ探してみて下さい。

西の空

南東の空
この星空が見える時間
11月初旬20時半頃
11月中旬19時半頃
11月下旬18時半頃

11月になっても、西の空にはまだもう少し夏の星々が見えています。あとたなばたを頂点とする十字架は、日本では漢字の十にあてて十文字とよぶ地域がありました。また、南半球でよく見える南十字に対して、北十字とよばれることもあります。晩秋からクリスマスのころにかけては宵の西の空に立ち上がり、とても十字架らしく見え、夏とはまた違った印象をうけます。この北十字の縦軸に沿って西南西の水平線にかけては、天の川が流れています。一方、あとたなばたから頭上を通ってやまがた星、そしてカペラに向かっても天の川は流れており、こちらは冬の天の川になります。冬の天の川は夏の天の川より淡いですが、月明かりのない条件のよい夜なら見えるかもしれません。ぜひ、探してみて下さい。ひこ星の南側には、5月末に地球に最接近した火星が、徐々に暗くなりながらも、まだひこ星に匹敵する明るさで見え続けています。また、日没直後から19時ごろまでは、南西の低い空に宵の明星・金星が、ひときわ明るく輝いています。こちらは今月からよく見え始め、3月上旬まで、さらに明るさを増しながら宵の空を楽しませてくれます。火星や金星といった惑星は、夜空で星座をつくる星々とは違う動きを見せながら、明るさを変え、時折ランデヴーします。火星と金星の次のランデヴーは来年1月31日。細い四日目の月も一緒に楽しめますので、どうぞお見逃しなく。

南の空

北の空
この星空が見える時間
11月全般18時頃

秋の南の空には、例年、その名のとおり「南のひとつ星」がポツンと、ちょっとさみしい感じで輝いていますが、今年は火星と金星のおかげで、秋の南の空も少しにぎやかです。

おうし座流星群とスーパームーン

11月はおうし座としし座の流星群が活発になります。5日から6日にピークを迎えるおうし座流星群は、おうし座にある輻射点から放射状に流星が流れます。深夜になると月が沈んで闇夜になるので、その頃からの観察がおすすめです。1時間に数個程度と数は少ないですが、とても明るい流星が見られるかもしれません。中旬にはおうし座の後半としし座流星群がピークを迎えます。ただ14日の満月は、今年最も大きく見えるスーパームーンです。流星は見えないかもしれませんが、月光浴はたっぷりお楽しみいただけます。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP