さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年の流星群

しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群
見頃
2016年1月4、5日午前1時頃が見頃(図:2016年1月4日,5日午前2時ごろ)

しぶんぎ座流星群は、お正月に現れる、三大流星群のひとつです。流星群の流れ星は輻射点(放射点)とよばれるところを中心に放射状に流れますが、しぶんぎ座流星群の輻射点は、うしかい座と北斗七星の間あたりに位置します。昔、その辺りをしぶんぎ座とよんでいた名残りで流星群の名前になっています。2016年のしぶんぎ座流星群は、輻射点を見たときの視野に下弦の月が入るので、少し見にくいかもしれません。それでも流星出現数の多い流星群なので、1時間に20個ぐらいは見られる可能性があります。流星群のピークが4日17時と予想されているので、観察は4日か5日の未明が比較的条件がよくなります。ただし、4日は午前2時過ぎに、5日は午前3時前に月が水平線から昇ってくるので、午前1時ごろから月が出るまでに観察するとよいでしょう。北斗七星や明るい木星を目印に、北東の高い空を見上げ、空全体をぼんやり眺めるのが観察のコツです。この時期は風も強く、とても冷えますので、防寒対策を十分にして挑戦してください。

ピーク時に船上から輻射点の見える方角と船の位置

さんふらわあ さつま・きりしま

下り便(大阪→志布志) ほぼ真後ろ (室戸岬南方沖)
上り便(志布志→大阪) ほぼ進行方向(土佐湾南方沖)

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP