お知らせ

2014年06月06日

【大人1名様片道14,400円~!】神秘の島、種子島へ フェリーさんふらわあで航(い)こう!

知られざる神秘の島、種子島へ フェリーさんふらわあでお得に航(い)こう!

2014種子島トップ画像

2014種子島画像3枚の写真

種子島と言えば、「鉄砲伝来の地」そして「種子島宇宙センター」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

もちろん、それもありますが、種子島には他にもたくさんの魅力があるんです!

サーフィンやパワースポットめぐりなど、あなた流の楽しみ方で、種子島の魅力を発見してみてください。

フェリーさんふらわあなら、種子島へお得に行けちゃいます!

2014種子島観光周遊バスバナー期間

►さんふらわあトラベルなら、3つの交通機関がセットでとっても便利&お得!

20140707種子島画像その4

それぞれ、片道のみのご利用または往復のご利用からお選び頂けます。


モデルコース 例えば、船中2泊 現地2泊 計4泊5日で種子島へ行く場合


1日目 夕方、大阪南港からフェリーさんふらわあに乗って鹿児島(志布志港)へ。    


2日目 朝、目覚めればそこは志布志港です。志布志港からは、シャトルバス「さんふらわあライナー」に乗って鹿児島港南ふ頭へ。

南ふ頭からはジェットフォイルで種子島へ。種子島に到着後は、オプショナルでレンタカーを借りたり、オプショナルツアーに参加したり、ホテルにチェックインしたり、自由行動となります。

2014種子島モデルコース1日目


3日目 種子島1日観光モデルコース

201406種子島観光モデルコーステキスト

 

2014種子島ロゴ02立ち寄り

eastcoast

イーストコースト

エリア・・・西之表市

種子島の鉄浜海岸を眺めながらお食事のできるカフェ/レストラン。メニューも豊富で、絶景を楽しめます。

公式Webサイトはこちら

eastcoastsama

▲海を眺めながら飲むコーヒーやビールは最高。

eastcoastsama_02

▲リニューアルした店内は明るく、開放的な雰囲気です。

café & burger STEPPIN’LION

エリア・・・中種子町

種子島にある、本格的なハンバーガー屋さん。サーファーだけでなく、お子様からご年配の方まで、幅広い層のお客様が訪れます。

テイクアウトもできます。

お問い合わせ 0997-27-0502

所在地 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5293-1

営業時間 ~20:00(19:30ラストオーダー)

2014種子島ステッピンライオン様画像

 


4日目

11:10 種子島 西之表港発 12:45 鹿児島本港南ふ頭着

シャトルバス「さんふらわあライナー」で志布志港へ。志布志港からフェリーに乗り、大阪南港へ


5日目

朝 大阪南港着後、解散


観光情報詳細

①鉄砲館(種子島開発総合センター)

南蛮船をイメージした外観が特徴的です。1543年、種子島に伝わった銃をはじめ様々な銃が展示され、火縄銃の歴史や世界の鉄砲が見学できます。その他、種子島の文化や民族を紹介したジオラマなどもあり、ここに来れば種子島のすべてがわかります。

所在地 西之表市西之表7585番地

URL http://www.city.nishinoomote.kagoshima.jp/center/top.html

鉄砲館300_200

 


②赤尾木城文化伝承館 月窓亭(げっそうてい)

日本武家社会南限の赤尾木城の府元にあり、1795年に家老羽生道潔が建てた屋敷。その孫 羽生慎翁道則は、花道(池坊)を修業し、明治15年大日本総会頭職を務めました。明治19年以降には種子島家が居住し、司馬遼太郎をはじめ多くの著名人が訪れました。毎日、訪問者への歴史ガイドや湯茶のおもてなしを行っています。

所在地 西之表市西之表7528番地

詳細はこちら

(クリックすると鹿児島県観光サイトにジャンプします。)

月窓亭300_200

③喜志鹿崎(きしがざき)灯台

種子島の最北端に位置し、大隅半島も眺望できます。                   

所在地 鹿児島県西之表市

詳細はこちら

(クリックすると鹿児島県観光サイトにジャンプします。)

喜志鹿崎300_200

④鉄浜(かねはま)海岸

昔から砂鉄が採れることからこの名前がついています。太平洋に面し、サーフィンに適した波ができるため、サーファーに人気のポイントで全国的にも有名です。

所在地 鹿児島県西之表市

詳細はこちら

(クリックすると鹿児島県観光サイトにジャンプします。)

鉄浜海岸300_200

⑤犬城海岸・馬立の岩屋

馬立の岩屋は犬城海岸の北端にあり、長い年月の波の浸食によってつくられたもので、特に波の勢いの強い太平洋に面した東海岸ではこのような洞穴がいくつか見られます。この岩屋は南種子町の宝満の池にもつながっているとも言われている伝説の洞穴です。

※2014年06月10日~06月27日の間、犬城海岸・馬立の岩屋に下る道が改修工事のため通行止めになります。

所在地 熊毛郡中種子町大塩屋

詳細はこちら

(クリックすると鹿児島県観光サイトにジャンプします。) 

2014馬立の岩屋

 


⑥男淵・女淵の滝

上下2連の滝で、上の滝が男淵、下の滝が女淵と呼ばれています。高地のない種子島では珍しい滝で、渇水期でも滝水が止むことはありません。

所在地 熊毛郡中種子町大字増田秋佐野

詳細はこちら

(クリックすると鹿児島県観光サイトにジャンプします。)

男淵の滝300_200

⑦日本一大きいソテツ・古市家住宅

推定樹齢600年以上で樹高8m、樹長12m、根回り2mの、坂井神社の境内にある日本一大きいソテツです。近くには、1800年代に建てられた住宅で国の重要文化財に指定されている古市家(ふるいちけ)住宅があります。

所在地 熊毛郡中種子町坂井本村

URL http://tanekan.jp/power01/power04.html 

(クリックすると種子島観光協会のページにジャンプします。)

蘇鉄300_200

⑧千座の岩屋

太平洋の荒波に洗われてできた海蝕岩の広がる浜田海浜一帯にある「千座の岩屋」は、種子島唯一の海蝕洞窟で、中には千人が座れるともいい伝えられています。自然が作り上げた岩のオブジェの美しさは、幻想的な雰囲気を漂わせています。
※洞窟は、大きくわけて3つのエリアがあり、干潮の時刻には一番奥まで入ることができます。干潮の時刻から2~3時間前後は、一番奥まで入ることはできませんが、真ん中と手前のエリアには入ることができます。ただし、風や波の状況次第では、一番手前にも海水が入ってきている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

所在地 熊毛郡南種子町平山広田

詳細はこちら

(クリックすると鹿児島県観光サイトにジャンプします。) 

千座の岩屋300_200

⑨種子島宇宙センター

1969(昭和44)年、旧宇宙開発事業団の発足とともに設立された種子島宇宙センターは、総面積約970万平方メートルにもおよぶ日本最大のロケット発射場です。鹿児島の南、種子島東南端の海岸線に面しており、世界一美しいロケット発射場と言われています。このセンターでは、ロケットの組み立てから打ち上げまで、そして衛星の最終チェックからロケットへの搭載までを行っており、我が国のロケットや人工衛星の打ち上げを担う施設です。

所在地 熊毛郡南種子町大字茎永字麻津

URL http://www.jaxa.jp/about/centers/tnsc/index_j.html

種子島宇宙センター300_200

 

⑩門倉岬

 

種子島の最南端の地、南種子町門倉岬です。天文12年(1543年)8月25日、台風の直撃を受けた南蛮船が、門倉岬の海岸に漂着したもので鉄砲伝来の地となっています。鉄砲伝来を記念して、「鉄砲伝来紀功碑」という記念碑が建てられています。

所在地 熊毛郡南種子町西之

詳細はこちら

(クリックすると南種子町役場のサイトにジャンプします。)

 

2014門倉岬


2014_btntostc.gif

クリックするとさんふらわあトラベルのページにジャンプします。

PAGE TOP