イベント

2015年07月23日

4月26日・6月7日 『昼の瀬戸内感動クルーズ』フォトコンテスト当選作品発表

昼の瀬戸内感動クルーズでは、フォトコンテストを開催しています。

2015年4月26日・6月7日開催分も、美しい瀬戸内の景色と船の旅を写した力作が集まりました!

今後とも、弊社および「昼の瀬戸内感動クルーズ」を是非ともご愛顧くださいませ。

 


2015年4月「昼の瀬戸内感動クルーズ」フォトコンテスト

camera最優秀賞 「夕日を背に走るフェリー」

20150426sunset.jpg

中濱様(愛知県)

作品説明:
松山沖で、夕陽を背にして、広島行きのフェリーが航行していたのを撮影した。
 
「昼の瀬戸内感動クルーズ」のご感想:
最近は、昼の瀬戸内海を航行する機会がなくなったので、この企画は貴重な存在です。
 

camera優秀賞 「三大好物 船・橋・お弁当!

20150426my-favorite3.jpg

杉浦様(神奈川県)
 
作品説明:
タイトル通り、私の三大好物「さんふらわあ 明石海峡大橋 なだ万のお弁当」
明石海峡大橋がフレームに入りきるまでお弁当食べるのググッと我慢でした。
乗っちゃってるので、船側面のさんふらわあの大きな太陽のマークが撮れないのがザンネンッ
 
「昼の瀬戸内感動クルーズ」のご感想:
とってもいいお天気&美味しい「なだ万」でした。船内イベントや瀬戸内三大大橋通過などで、あっというまに大分着でした。宝塚ローズ倶楽部のショーを間近で観るという貴重な体験もできました。とても綺麗でドキドキしました。

 


2015年6月「昼の瀬戸内感動クルーズ」フォトコンテスト

camera最優秀賞 「島々の黄昏時」

20150607tasogare.jpg

田中様(京都府)

作品説明:
釣り島水道にさしかかる頃、左舷前方は黒い霧に覆われ、夕陽は無理かと案じながら右舷に移動すれば、僅かな雲間から一点に鮮やかな光芒が目に入る。それが船の航行とともに島に沿って白い線に変わり、青空もうっすらとひらけ始め夕陽への淡い期待が募ってきたその時シャッターを切る。
 
「昼の瀬戸内感動クルーズ」の感想:
その後船は、伊予灘に入り右舷側から見る光景はあかね色に雲が徐々に染まり日没時刻を過ぎると、しっぽくの空に見事な夕焼け空が真っ赤となっていく様を目にすることができ、当に感動の船旅となりました。
 

camera優秀賞 「夕ぐれの瀬戸内海

20150607yugure.jpg

渡辺様(新潟県)
 
作品説明:
夕方ダイニングに夕食を食べに行く時、船方見た釣島水道の夕ぐれ。太陽が雲に隠れ、一瞬海を照らした瞬間をとらえたもの。右舷側に見える島は野ぐつな島と思われる。
 
「昼の瀬戸内感動クルーズ」の感想:
日頃の忙しさから解放され、船の旅行を楽しみました。余裕と自分を振り返る時が十分あり、早さや効率だけの旅では味わえないクルーズの旅でした。さんふらわあを運航された方々およびこの企画をされた方々にお礼申し上げます。すばらしいクルーズでした。

 

 


ご応募いただいた皆様、どうもありがとうございました。
次回の「昼の瀬戸内感動クルーズ」は10月18日(日)に運航いたします。

昼の瀬戸内感動クルーズ
非日常の船旅を14,400円~

 

PAGE TOP