さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2019年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座η流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2019年1月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
1月初旬21時頃
1月中旬20時頃
1月下旬19時頃

1月になると、日暮れとともに東の空には次々と明るい星が姿を現します。中でも最後に昇ってくる大星は、地球から見て最も明るい夜空の恒星(太陽のように自ら輝く星)で、ひときわ目を引きます。その明るさに「大きな星」と名付けたくなる気持ちもわかります。古代西洋ではシリウス(焼きこがすもの)と呼ばれ、明るいシリウスと太陽が一緒に空に昇るので、7、8月は暑い夏となると考えられていました。古代中国では天狼星とよび、その強い輝きに狼の目を連想していたようです。大星の上には赤い平家星と白い源氏星を携えた、鼓形のつづみ星が夜空に映えます。西洋名のオリオン座で知られるこの星座には、明るい1等星がふたつもあり、夜空で最も存在感のある星座でしょう。そして頭上近くには、千年の昔、清少納言が枕草子の中で一番に愛でた“すばる”が見えます。暗いながらもいくつもの星が集まっている星団すばるの姿は、淡くてはっきりとは見えませんが、冬のダイヤモンドを形づくる明るい1等星たちを眺めていると、目の端にふと引っ掛かります。日本ではその淡さが返って目を引き、すばるには名前がつきましたが、明るくはっきり見える1等星のアルデバランやカペラの方には、“すばるのあと星”や“すまる(すばる)のあいて星”といった名前が付けられました。はっきりしたものより儚いものを好む、日本人らしい星の見方でしょうか。夜が更けて大星が南の空に移動して来るころになると、南の水平線ちかく、5°くらいの高さにポツンと輝くカノープスが見えることがあります。中国では古くから老人星とよばれ、見ることができたら長生きをすると言われた星です。夜中に目が覚めたときには、探してみませんか?

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
1月初旬21時半頃
1月中旬20時頃
1月下旬19時頃

寒さも本番、本格的な冬の季節になると、秋の夜空の目印・秋の四辺形はだいぶ西側に傾いてきます。夏の大三角を成すおりひめ・ひこ星は日没後すぐに沈んでいきますが、ひとつ残ったはくちょう座の1等星デネブ、あとたなばたは、もうしばらく、少し寂しそうにその姿を見せてくれます。とはいえ夜が更けると沈んでしまいますので、夏の星はいよいよ見納めです。一方、真北の空には、相変わらず不動の星・北極星が輝いていて、いつものように方角を教えてくれています。いきなり見つけるのは難しい北極星も、秋冬の空では、やまがた星を頼りにすると簡単に見つけられます。そしてやまがた星と秋の四辺形からは、230万光年彼方で2千億個もの星が集まってできたアンドロメダ銀河を探しだすこともできます。すばる以上にはっきりとは見えず、目の端にフッと淡い影のように映る230万年前の微かな姿。アンドロメダ銀河は肉眼で見ることのできる最も遠くにあるものです。肉眼では無理でも、双眼鏡があればきっと見ることのできる、はるか彼方の天体です。冬の夜空は東南方向がにぎやかなので、西の空は影が薄くなりがちですが、今年は赤い火星がまだよく見えていて、華を添えてくれています。星座をつくる星々は、互いの位置関係を変えずに空を動いていきますが、惑星・火星は全く違う動きをし、明るさもどんどん変化していきます。月末には年始の70%の明るさへ変化していく火星、その位置と明るさの変化に注目してみましょう。

明け方の空にふたつの明星

1月の日の出は7時前後ですが、その1時間ほど前の夜明けの空に、明るいふたつの明星のが輝いています。明るい方が明けの明星・金星、次に明るい星が木星です。木星のそばには、夏の1等星・さそり座の赤星も輝いています。木星や赤星は、月初は10°ほどの高さ、中旬には15°、下旬には30°の高さに見えます。一方、地球より太陽に近い軌道で廻る金星は動きが速く、ひと月の間に他の星々に対してどんどん位置を変えていきます。また、正月三ヶ日には明星の近くに有明の細い月も一緒に見られ、明けの空はとても賑やかです。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP