お知らせ

2018年08月02日

この夏おすすめ!!さんふらわあの洋上星空観察 ~ ペルセウス座流星群2018 ~

スライド1.JPG

スライド1.JPG

さんふらわあでは、8月12日(日)前後の運航便で、

星空を眺めるのに適した、洋上での

「ペルセウス座流星群」の観察がお楽しみいただけます。

 

 

ペルセウス座流星群とは

ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

ペルセウス座流星群は、とても観察しやすい流星群です。

毎年、ほぼ確実に、たくさんの流星が出現することがその理由のひとつです。

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに

「三大流星群」と呼ばれています。

条件が良ければ最大で40個以上の流星を見ることができます。

「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」の活動は寒い冬の時期に

当たりますが、ペルセウス座流星群の活動は夏の盛りに当たりますので、

観察時の寒さについてあまり心配する必要がありません。 

 

 

よい条件の流星群を観察しよう

2018年のペルセウス座流星群は8月13日10時頃に極大(※1)

迎えると予想されています。

今年は8月11日が新月のため月明かりの影響はまったくなく、

たいへんよい条件で流星を観察することができます。

多くの流星を見ることができるのは、

12日の夜を中心にした3夜ほどでしょう。

21時頃から流星が出現し始め、夜半を過ぎて薄明まで徐々に

流星の数が増えていくと考えられます。

空の暗い洋上で星空を観察したときに見える流星の数は、

最も多いときで1時間あたり40個程度と予想されます。

       ※1)流星群の活動における「極大」とは、観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、

             流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期をいいます。

 

 

ペルセウス座流星群を観察するために

今年のペルセウス座流星群を観察するのに役立つ情報をまとめました。

観察に適した日

日本では8月12日から13日にかけての夜が最も見頃だと考えられます。

13日から14日にかけての夜、11日から12日にかけての夜も、

ある程度の数の流星が出現すると考えられます。

2018年のペルセウス座流星群の極大は、

日本時間の8月13日10時頃と予想されています。

このとき日本は昼間のため流星を観察することはできません。

日本では極大に向かう前の夜、

つまり、12日から13日にかけての夜に最も見頃になると考えられます。


また、極大後の13日から14日にかけての夜も、

かなりの数の流星を見ることができそうです。

さらに、極大からは時間的に少し離れてしまいますが、

11日から12日にかけての夜も、ある程度の数の流星が出現すると考えられます。

ただ、いつ晴れるかはわかりませんし、

予想外のタイミングで流星が活発に出現する可能性もあります。

上記の予想にあまりとらわれず、なるべく長い時間、

そして長い期間観察を続けてみてください。

長く観察すれば、それだけ流星を見るチャンスが増えることになります。

8月7日頃から15日頃までは、ペルセウス座流星群の活動が

比較的活発な状態が続いているため、

普段より多くの流星を見ることができると考えられます。

出現する流星の数は、極大から日が離れるほど少なくなります。

また、ペルセウス座流星群の全活動期間はさらに長く、

7月17日頃から8月24日頃まで続くと考えられています。

 

観察に適した時間帯

なるべく、夜半から未明までの間に観察するのがよいでしょう。

(流星群自体の活動が一定であれば)流星群の放射点の

高度が高いほど多くの流星が出現します。

ペルセウス座流星群では、時間帯ごとの流星の出現状況は、

おおよそ次のようになります。

21時前放射点がまだ地平線近くの低い位置にあるため、

流星はあまり出現しません。

21時過ぎから夜半まで放射点の高度が徐々に上がり、

流星が出現し始めます夜半から未明まで放射点の高度は高くなり続け、

未明に最も高くなります。

放射点の高度が高くなるにつれて出現する流星の数も多くなっていき、

空が明るくなり始める前に最も多くの流星が出現します。

 

月明かりの影響

今年は月明かりの影響はありません。

今年は、8月11日が新月です。

出現する流星の数が多くなると考えられる13日頃を含む数日間は、

月が見えなかったり、日の入り直後には細い月が見えるものの

すぐに沈んでしまったりします。

そのため、流星の観察への月明かりの影響はまったくありません。

 

見える流星の数

夜空が十分に暗い場所で観察すれば、最も多いときには、

1時間当たり40個程度の流星を見ることができると考えられます。

目のよい方や、流星観測の熟練者が観察した場合には、

2倍以上の数の流星を観察できることがあります。

 

流星群の観察の注意点

 

  • ■ 望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具は必要ありません。
  •   肉眼で観察しましょう。
  •   望遠鏡や双眼鏡を使うと視野がたいへん狭くなってしまうため、
  •   流星の観察には適しません。
  • ■ 屋外に出てから暗さに目が慣れるまで、
  •   最低でも15分間は観察を続けるようにしましょう。
  • ■ 星空の観察に適した暗闇の中で行動することになりますので、
  •   事故などに十分注意してください。
  • ■ 立入禁止の場所に入ったりしないよう、マナーを守って観察ください。

 

さんふらわあの星空教室(画像をクリック!)

main.gif

  •  

yanagiharasensei.png

 

PAGE TOP