さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年2月の夜空

南の空

南の空
この星空が見える時間
2月初旬21時頃
2月中旬20時頃
2月下旬19時頃

夜空には1等星とよばれる明るい星が21個ありますが、2月の夜空には日本で見える1等星の約半数が頭上で輝き、冬の大三角とよばれる三角形や、冬のダイヤモンドとよばれる大きな六角形を形づくって賑やかな星空を楽しませてくれます。日本人は西洋や中国の人々のように、夜空全体に星座をつくることはありませんでしたが、この時期の明るく目立つ星々には多くの名前を付けています。つづみ星やつりがね星、五角星は、星の並びの形から、金ぼしと銀ぼし、平家星と源氏星は、対となって見える星の色から名付けています。そして明るく大きく輝いて見える星には大星(おおぼし)、ふたつ並んで見える星には二ツ星と名付けたり、西洋人が神話の世界から、中国人が政治の世界から星に名前を付けたのに比べ、どれも素朴で身近な名前を付けているところに日本人らしさがあるようです。千年の昔、清少納言が枕草子の中で「星はすばる(星と言えばすばるが一番!)」と言い切ったすばるは、現代でも歌や車、望遠鏡の名前にもなる人気の星ですが、これは暗く小さな星が集まって見える星団で、肉眼では淡くはかなく見える星です。でも、そんなすばるを好むのも、とても日本人らしく感じます。今月、すばるは冬のダイヤモンドの少し外側でよく見えます。賑やかな星空とともに、ぜひお楽しみください。

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
2月初旬22時頃
2月中旬21時頃
2月下旬20時頃

真北の空を少し見上げたところに、夜空の中で一晩中、そして一年中ほとんど動かない星、北極星があります。星の動きの中心となる北極星は、中国では天帝の星として崇められていましたが、それが伝わり、日本ではこの星を北辰(妙見)さまと祀る信仰にもなりました。北極星はいきなり見つけるのは難しいですが、やまがた星や北斗七星をたよりにすると簡単に見つけられます。北斗七星の方が見つけやすいためなのか、北辰信仰では北辰と混同された北斗七星が祀られているところもあります。不動の北極星は、夜の航海でも方角を知るための重要な星です。皆さんも船旅の記念に見つけてみるのはいかがでしょうか。東の空には明るい木星と、日本では糸車に見立てられた糸かけ星(しし座)も見えています。

南の空

南の空
この星空が見える時間
2月初旬22時頃
2月中旬21時頃
2月下旬20時頃

冬の時期、南の低い空に数時間だけ姿を現す星があります。冬の大三角をつくる大星(おおぼし・シリウス)が真南にくるころに、水平線の少しだけ上に現れるこの星は、大気に霞められて暗く見えますが、実際にはすべての星の中で、大星に次いで2番目に明るい星です。西洋ではカノープスとよばれるこの星は、中国や日本では、条件が良くないと見えないので、見ることができたら縁起が良い星となり、「南極老人星」や「南極寿老人」などとよばれてきました。南に行くほど高度が上がって見えやすくなるので、大阪-志布志航路なら見えるかもしれません。

五大惑星を見てみよう!

太陽の周りを回る8個の惑星のうち、水星・金星・火星・木星・土星の五惑星は肉眼で見ることができ、今月は、その全てを一度に見ることができます。地球より内側を回る水星と金星は太陽からあまり離れて見えないので、夕方か明け方の低い空にしか見えない星です。特に水星は10°(拳ひとつ分の高さ)より高く見ることは難しく、また動きも速いので見逃されることの多い星です。でも水平線まで空が広がっている船上は、水星を見るには好都合です。明るい金星を目印に、水星を探し、東から南、西の空へと明るい星を辿って、五大惑星すべてを一望して みませんか?

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP