さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年8月の夜空

南東の空

南東の空
この星空が見える時間
8月初旬21時半頃
8月中旬20時半頃
8月下旬19時半頃

七夕(たなばた)といえば7月7日ですが、いわゆる旧暦を今に当てはめると、今年は8月9日が七夕の日となります。梅雨が明けた8月の夜空では、頭上におりひめ星が、そして少し低い南寄りの空にひこ星が輝き、その東側で大きな十文字に並ぶ北十字星が見えます。月明かりのない晴れた夜ならば、この北十字星から南の低い空に見える南斗六星や魚釣り星にかけて、ぼんやりとした薄い雲のような天の川の流れが見られるでしょう。街中ではすっかり見えなくなってしまった天の川ですが、街灯りの影響がない海上では、息をのむような天の川にであえることがあります。今夜の夜空ではどうなのか、ぜひデッキで夜空を見上げてみて下さい。 船の灯りが目に入らないように、手をかざしてさえぎると見えやすくなります。天の川は特に南斗六星のあたりが濃くなっています。この南斗六星の名前は、北の空に見える北斗七星と同じく、星の並びが斗、つまり柄杓(ひしゃく)の形をしていることから名付けられ、中国から日本に伝わったものです。 一方、魚釣り星は、釣り針に見立てられた星の並びに付けられた、日本で生まれた名前です。西洋では尻尾の先に毒針を持つサソリに見立てられました。今年は魚釣り星のそばで土星と火星が明るく輝き、いつもに増してこの辺りがにぎやかです。赤星は、その名の通り赤い1等星の星で、西洋名のアンタレスはアンチ・ターレスに由来します。ターレスとは火星のことで、火星も赤く輝 きます。この二星が近くで遭遇するとき、よく似た色を放ちながら競い合うように輝くことからアンタレスと名付けられたのです。今年の夏はまさにその様子が見られますので、ぜひ味わってみて下さい。

南の空

南の空
この星空が見える時間
8月初旬22時半頃
8月中旬21時半頃
8月下旬20時半頃

土星と火星は、地球と同じく太陽の周りを回わる惑星で、星座をつくる星々とは違う動きを夜空で見せます。太陽から遠くゆっくり回る土星に比べて、火星の動きは早く、今月はその動きがよく分かります。赤く最も明るい火星、それより少し暗い褐色の土星、そしてもうひとつの赤い星・赤星。3つの星を結んでできる三角形の形に注目してみましょう。数日おきに見上げれば、星空の印象が変化していくのを感じられます。近くの天文台の観察会に参加すれば、きっと望遠鏡で見せてもらうこともできるでしょう。

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
8月初旬21時半頃
8月中旬20時半頃
8月下旬19時半頃

西の空では、北斗七星の柄杓の柄のカーブから、麦星、真珠星へと延びる春の大曲線が、いよいよ見納めとなってきました。日没後すぐの時間帯ならば見られるこの曲線は、間もなく水平線に沈んでいきます。一方、真北の空には、いつもと変わらず北極星が光っています。時間や季節とともに動いていく他の星とは違い、ほとんど動かず、またその方角が真北とほぼ一致する北極星は、昔は夜の航海でとても重要な、指針となる星でした。少し暗い2等星の北極星は、いきなり見つけることが難しい星ですが、北斗七星かいかり星(碇星/カシオペヤ座)をたよりにすれば、簡単に見つけることができます。北斗七星が見えづらくなるころには、カシオペヤ座がよく見え、また逆も起こりますが、どちらかをたよりにすることはできます。下の図を参考に、皆さんも、北極星を見つけ出せるようになってみませんか?

ペルセウス座の流星を眺めよう!

地球が1年かけて太陽の周りを回る通り道は、いくつもの彗星の通り道と交差しています。彗星の通り道には彗星が残したチリがたくさんあり、地球がそこを通り抜けるとき、チリが地球の大気に突入し、発光します。この光りの筋が、流星群の正体です。8月は、12日に三大流星群のひとつ、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。夜中、日付が変わる頃に半月が西に沈みますので、夜半からの観察がおすすめです。願い事を決めたら、東を向いて、頭上の空全体を眺めましょう。ボンヤリと眺めるのが観察のコツです。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP