昼の瀬戸内海カジュアルクルーズ 航路別のイベント

今年も豪華なイベントを
多数ご用意しています!

5月24日(日)

写真家

佐藤健寿

ジャンル
トークショー

プロフィール

武蔵野美術大学卒。フォトグラファー。世界各地の“奇妙なもの”を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)は異例のベストセラーに。ほか著書に『世界不思議地図』『THE ISLAND–軍艦島』、『SATELLITE』(朝日新聞出版)、『世界の廃墟』(飛鳥新社)、『奇界紀行』(角川)、『TRANSIT 佐藤健寿特別編集号』(講談社)、『諸星大二郎 マッドメンの世界』(河出書房新社)など。NHKラジオ第1「ラジオアドベンチャー奇界遺産」、テレビ朝日「タモリ倶楽部」、TBS系「クレイジージャーニー」、NHK「ニッポンのジレンマ」ほかテレビ・ラジオ・雑誌への出演歴多数。写真展は過去東京epsite、大阪なんばパークス、長崎グラバー園などで開催。トヨタ・エスティマの「Sense of Wonder」キャンペーン監修など幅広く活動。

6月14日(日)

落語家

笑福亭松喬笑福亭喬介

ジャンル
落語

プロフィール

左)笑福亭松喬_昭和58年4月、笑福亭松喬に入門して笑三、62年に三喬、平成29年10月8日に七代目笑福亭松喬を襲名。昭和63年ABC漫才落語 新人コンクール最優秀 新人賞、平成17年文化庁芸術祭優秀賞、上方お笑い大賞最優秀技能賞、平成19年11月第1回繁昌亭大賞受賞 ほか

右)笑福亭喬介_2005(平成17年)に、笑福亭三喬(当時)の二番弟子として入門。入門後「上方落語界のアホぼん」とあだ名をつけられ何度も破門の危機に窮するも、一門の人々に助けられる。師匠三喬からのアドバイスを機に古典落語に自分なりの工夫を加えるようになり、自信作である喬介版「牛ほめ」で2016(平成28)年、なにわ芸術祭の新人賞に輝いた。

10月18日(日)

マジシャン

将魔

ジャンル
パフォーマンス

プロフィール

日本を代表するマジシャンのひとり「将魔」。スピード、キレのある高レベルのイリュージョンショ ーは唯一無二で誰もが驚愕。また驚き連発の大型イリュージョンショーから、感動のイリュージョン、クローズアップマジックまで演技の幅も広く、実に見応えのあるパフォーマンスを展開します。

11月8日(日)

演奏家

古庄明日香中里舞砂デュオ

(公財)アルゲリッチ芸術振興財団協力

ジャンル
ミュージック

プロフィール

左)古庄明日香(ピアノ)_大分県出身。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て同大学音楽学部卒業。東京音楽大学大学院伴奏科修了。現在、九州・東京での演奏活動に加え後進の指導にもあたっている。ピアノを本渡絵里子、野口誠二、山本実樹子、楠本隆一、村上弦一郎に、室内楽を石井克典、三輪郁の各氏に師事。第16、20回記念別府アルゲリッチ音楽祭に出演。2015年、しいきアルゲリッチハウスで日本を代表するヴィオラ奏者川本嘉子氏による室内楽マスタークラスを受講。

右)中里舞砂(ヴァイオリン)_桐朋女子高等学校音楽科、同大学音楽学部卒業。在学中より優秀生として様々な学内コンサートに選抜出演。2011年にブレッド国際音楽コンクールで第2位(最高位)を受賞するなど、国内外で様々な賞を受賞。2015 年には埼玉中央フィルハーモニーオーケストラと共演するなど、様々なコンサートにも多数出演。また作曲・編曲家としても活動。クラシックだけでなくロックやヘヴィメタル等のジャンルでも音楽ユニットを自ら立ち上げ数々のコンサートを開催・出演、国内外の音楽誌等でも度々取り上げられている。第20回記念別府アルゲリッチ音楽祭に出演。