さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2019年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座η流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2019年3月の夜空

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
3月初旬21時半頃
3月中旬20時半頃
3月下旬19時半頃

3月に入ると冬の明るい星々が、早い時間に南の空から西側へと傾きはじめます。ふたご座やおうし座は上下が自然になり、ふたご座はまさしく二人の人が立っているように、牛の顔もそれらしく見えてきます。おうし座は、南東の空では逆さのΛの形に見えますが、日本ではそれを見てお寺の釣り鐘が想像されました。古代西洋では、逆さになったこの牛(アラフ)の顔かたちが文字のΑ(アルファ)になったと言われます。当時は牛が神として崇拝されていたことから、第一の文字に当てられられたのです。ふたご座は、頭にあたる明るい二星が日本でも兄弟と見られ、兄弟(おとどい)星と呼ばれたり、五郎・十郎と呼ぶ地域もありました。一方、この二星をふたつの目ととらえて、かに目、犬の目、猫の目、両眼星などと呼ぶ地域もありました。北部ヨーロッパのゲルマン民族も巨人の目と見ていたようです。さて、皆さんにはどのように見えるでしょうか。ぜひ見上げてみて下さい。この領域は明るい1等星21個のうち7個が集まっているとてもにぎやかな空ですが、来月の後半になると日の入りが遅くなることもあり、全体をじっくり楽しむ季節はそろそろ終わりに近づいてきました。特に、星が次々と生まれている現場、小三ツ星の真ん中のオリオン星雲や、若い星の集団、星団すばるといった淡い天体を観て見たい方は、今シーズンのラストチャンスです。宝石の小さなカケラが集まっているようなすばるの美しさは、双眼鏡で見るに勝るものはありません。持っている方は、ぜひ双眼鏡で見てみてみましょう。

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
3月初旬21時半頃
3月中旬20時半頃
3月下旬19時半頃

3月になると日没とともに、東の空に、天へ駈け昇るようなしし座の姿が現れます。しし座は誕生日の星座として親しまれていますが、星座占いに使われる星座たちは、地球から見た太陽の通り道と重なることから生まれたものです。古代西洋の多くの国で獅子の形に見られていたしし座の領域を、古代は7月ごろに、現在は少しずれて8月ごろに太陽が通過していきます。強い動物の象徴でもある獅子。その心臓にあたる1等星はレグルスと言いますが、これは「王者らしいもの」「王の星」という言葉が変化したものと言われます。明るい1等星と強い獅子、そして偉大な太陽と重なることからイメージされた名前なのでしょう。レグルスから丸く連なる星の並びは、獅子の顔に見られていますが、西洋で使われる草刈り鎌の形にも似ていることから、獅子の大鎌とも呼ばれます。日本では、鎌の部分を雨樋をかける金具に見立てて「といかけ星」とよぶ地域もありましたが、しし座全体を糸車に見立てて「いとかけ星」と呼ぶ地域もありました。春の訪れを告げるしし座を探してみましょう。獅子が空高くに昇ると、日本では大星(シリウス)に次いで明るく見える恒星(太陽のように自ら光る星)、麦星(アークトゥルス)も昇ってきます。麦星はきれいなオレンジ色の星ですが、水平線近くの低い空では、夕陽が赤くなるように赤みがかって見えます。そんな麦星の姿は、4月中旬くらいまで楽しめます。そして北側に目を移すと、北斗七星とやまがた星が東西に並び、その真ん中で真北の指針の星、北極星が輝いています。ふたつの星座から北極星を探すのに絶好の季節です。ぜひ、夜の航海の指針の星・北極星も探しみてください。

明け方の空に輝く惑星三つ

今年の3月は明け方の南東の空に、明けの明星・金星、土星、木星の三星が並んで輝きます。1~3日、27~31日はそこに月も加わり、夜明けの空は太陽系の天体でにぎわいます。太陽に近く、早い速度で公転している金星は、夜空での動きも速く、日に日に太陽の方へ、朝焼けの明るい空の方へ向います。それでも明星の輝きはやはり特別で、毎朝、どの星より最後まで見ることができるでしょう。今月は日の出もまだ6時台です。ちょっとだけ早起きをして、明けの明星たちと日の出をセットで眺めてみるのはいかがでしょうか。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP