さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2019年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座η流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2019年5月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
5月初旬22時頃
5月中旬21時頃
5月下旬20時頃

大星(シリウス)が西に沈んで見えなくなるこれからの季節、夜空で最も輝いて見える恒星(太陽のように自ら輝く星)は、アークトゥルスです。オレンジ色に輝くこの星は、麦を刈り入れる6、7月になると日暮れとともに頭上で輝くことから、日本では麦星や麦刈り星とよばれていました。5月はまだ東の空に現れる麦星は、明け方まで一晩中、夜空で明るく輝きます。麦星から北側に目をやると、そこにはお馴染みの北斗七星が見つかります。空高くに見える春から夏にかけては、北斗七星をたよりに北極星を見つけることができます。北極星は真北でほとんど動かないため、古くから多くの民族が方角の指針としていました。そしてなんと人類だけでなく、渡り鳥の中にも、北極星や北斗七星を目印にしている種がいることが分かっています。人も鳥も、昔から星をよく見ていたのですね。北斗七星の端から2番目の星は、よく見るとふたつの星が重なって見える、二重星とよばれる星です。目のよい人には見分けられ、古代のアラビアでは兵士の視力検査に用いられたと言われます。日本では「そえぼし」とよばれた暗い方の星ですが、学問好きであった戦国時代末期の後陽成(ごようぜい)天皇が、自身で見分けて「ヘソボシ」と記録された絵も残っています。北斗七星が見えたなら、ぜひ北極星とそえぼし探しにもチャレンジしてみください。北斗七星の弓なりの曲線を麦星へと延ばすと、その曲線は、白く輝く真珠星、そして船の帆のような形に見えるほかけ星へと繋がります。この春の大曲線は、春の夜空の目印です。 21時を過ぎると、東の低い空に七夕の星・おりひめ星が昇ってきます。深夜には真東の空にひこ星が、南東の空には麦星よりさらに明るい木星が姿を現し、その後は土星も現れ、東の空はどんどん賑やかになっていきます。月のない夜なら、おりひめ星とひこ星の間、木星と土星の間に、夏の天の川が流れます。もし夜中に眠れなくなったなら、デッキで星空を見上げてみるのはいかがでしょうか。

西の空

西の空
時 間
20時前後 (ただし下旬になると大星・平家星は沈んで見えない)

日の入りから30分ほどすると、西の空に冬の明るい星々が現れ、その輝きを今少し見ることができます。ただし日没は日ごとに遅くなり、一方星々は毎日1°ずつ沈んでいくので、明るい大星や平家星といえども、下旬には沈んで見えなくなります。半年ものあいだ夜空を賑わしていた明るい星々が見えなくなると少し寂しくなりますが、東の空には七夕の星々が徐々に現れてきます。山里の風景が新緑色鮮やかに変化していく5月は、夜空の星々も冬の名残りと夏の兆しが入れ替わっていく季節なのです。今年はこの西の空に火星も見えていて、毎日少しずつ沈んでくるふたご座と重なっていく変化が楽しめます。7、8日には火星が細い三日月と接近する様子も見逃せません。目に見える変化の大きい5月の西の夜空、ぜひ早い時間帯で楽しんで下さい。

南西の高い夜空

南の空
時 間
21時頃は南西の上空に、夜半には西に沈む

南西の高い夜空には、悠然としたしし座の姿があります。「?」を反転させたような、西洋の草刈り鎌の形をした「獅子の大鎌」を目印にすると、その姿が見つかります。レグルスは獅子の心臓で輝く1等星ですが、もう少しで星自身が崩壊してしまうほどの高速度で自転する星として知られています。悠然とくつろいでいるようで、実は獅子の心臓はかなり早鐘を打っているようです。春に向けては天へ昇るように見えていたしし座ですが、初夏の陽気が感じられる5月になると、西の水平線を目指して駆け降りはじめます。

月と惑星のランデヴー

太陽の周りを廻る地球や月、惑星は、ほとんど同じ平面の上を廻っているので、地球から見た夜空での惑星たちの通り道はほとんど同じになります。そのため約1ヶ月で地球の周りを廻る月は、毎月、惑星たちのそばを巡るように移動していき、タイミングによってとても近づいて見えます。月は日々形も変わるので、その巡り合わせは毎月変化し、見ていて楽しいものです。今月は十六夜(いざよい)の大きな月が木星に超接近します。月と惑星のランデヴー、ぜひお楽しみ下さい。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP