星空教室 2019年12月

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2019年12月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
12月初旬22時頃
12月中旬21時頃
12月下旬20時頃

寒さが本格的になってくる12月になると、東の夜空は明るい冬の星々でにぎやかになってきます。特に明るい1等星を結んでできる冬のダイヤモンドや冬の大三角。こんなに1等星が集まって見えるところは、ほかにありません。この領域は地球から見える最も豪華な星空なのです。今月は冬至を迎え夜が最も長くなりますが、日没直後から夜明けまでずっとこの星々が夜空で輝きます。冬のダイヤモンドに先立って昇ってくるのは、すばるです。すばるは若い星が100個ほど集まっている星団で、肉眼では6個ほどが見えるので、東北日本ではむつら(六連)星ともよばれていました。4等星前後の暗い星々ですが、集まっているので夜空を見上げたとき、その微かな瞬きがチラチラと目の端に留まります。ほかに類のないその不思議な輝きに、昔から世界中の人々が魅了されてきました。日本では1等星のカペラやアルデバランを「すまるのあいて星」や「すばるのあと星」とよび、いかにすばるに注目しているかがわかります。西洋名のアルデバランも「後に続くもの」という意味があり、プレアデスに続いて昇ることを示しています。そしてギリシャ神話では、星団の星々は神の娘たちとされています。ポリネシア地域でも、多くの民族は日没と同時にすばるが昇ってくる12月半ばを新年の始まりとして、この星々を大切に見ていました。すばるは、双眼鏡で見るとたくさんの星が砂粒をまいたように輝き、これまたとても美しいです。双眼鏡を持っている方はぜひ、輝くその美しい姿も楽しんでみてください。

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
12月初旬21時頃
12月中旬20時頃
12月下旬19時頃

夏の夜空の目印・夏の大三角が、とうとう見納めの時期となりました。どれも明るい1等星なので、日没後間もなく18時頃には西の空に見え始め、22時ごろまでに沈んでいきます。見納めたい方は、どうぞ早い時間帯に見てみましょう。18時頃ならば、南西の低い空に金星と、 12月半ばまでは土星が輝くのも見られます。金星は、地球から最も大きく見える惑星で、その濃い大気の雲は太陽の光を強く反射し、とても明るく輝いて見えます。地球との距離によって明るさは変化しますが、今月はおりひめ星(ベガ)の40倍もの明るさ、大星(シリウス)の10倍の明るさで輝きます。これからしばらく、5月末まで西の空で「宵の明星」として楽しめます。見える高さは日に日に高くなって見えやすくなるので、その美しい輝きに注目してください。12月はクリスマスのシーズンですが、1等星のあとたなばた(デネブ)を頭に掲げた十字架、十文字星は、北十字ともよばれ、この季節にぴったりの星座です。宗教に関係なくとも、夜空の星々を見上げながら心静かな時間をもつことは、きっと誰にとっても豊かな時間でしょう。せっかくの船旅、しばし日常を忘れて、そんな時間を持ってみるのはいかがでしょうか。

明け方の空に水星と火星

冬至を迎える12月は、夜明けが最も遅い季節です。午前6時半頃までは星が見えるので、少しの早起きだけで明け方の星空が楽しめます。今月は、初旬に水星を見ることができます。太陽の最も近くを廻る水星は、10°前後の低い空にしか現れず、なかなか見ることができません。水平線まで空を見渡せる船上は絶好のスポットなので、見てみたい方にはチャンスです。また9月に太陽の向こうに見えなくなった火星は、再び徐々に見えやすくなってきました。今の遠く暗い火星を見ておくと、来年秋の最接近時の明るさにきっと驚きます。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

PAGE TOP