お知らせ

2019年11月20日

大阪/別府航路 待望の新造船就航決定!

タイトル2.png 

 2022年末から2023年前半にかけ、大阪/別府航路に、日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあ くれない」「さんふらわあ むらさき」(※)が就航します。

カジュアルクルーズとクリーンエネルギーが融合した新造船に、ご期待ください。

(※)船名については変更になる可能性があります。

1.カジュアルクルーズとクリーンエネルギーの融合

①移動手段としてのフェリーに客船(クルーズ)の要素を取り入れることで、船旅そのものを楽しむことができる“初めての経験 わくわくドキドキ さんふらわあのカジュアルクルーズ”をさらに進化させます。

②貨物スペースを現行船の1.5倍に拡大し、物流を支えます。

③日本初のLNG燃料フェリー。LNG(液化天然ガス)を燃料とすることで、硫黄酸化物(SOx)をほぼ排出せず、窒素酸化物(NOx)と二酸化炭素(CO2)の排出を大幅に削減します。

2.新造船の2つのテーマ ~きずな(KIZUNA)と復活~

①世代を超えて家族が船に集い、船旅を楽しむといった家族のつながり=きずな(KIZUNA)を再認識する場を提供します。3世代が”きずな(KIZUNA)”を深める、長距離フェリー初となる「コネクティングルーム」もご用意しております。

②本船が就航する大阪/別府航路は、1912年(明治45年)、大阪商船(現在の商船三井)が開設した、伝統ある航路です。その際に就航した初代「紅(くれない)丸」、その後1960年(昭和35年)に登場し豪華な内装から”瀬戸内海の女王”の愛称で親しまれた3代目「くれない丸」。また姉妹船「むらさき丸」も、別府観光の歴史とともに歩んでまいりました。そしてこのたび、カジュアルクルーズ船として、くれない」・「むらさき」が復活します。

3.主な特徴

①2018年就航船「さんふらわあ さつま・きりしま」の内装デザインや、客船「にっぽん丸」改装時の内装デザインを手がけた渡辺友之氏(有限会社フラックス・デザイン代表)を起用。カジュアルクルーズの空間を創造します。

②長距離フェリー初となるコネクティングルームを設置。和室と洋室をコネクトすることで、3世代でご乗船のお客様に大変便利な空間をご提供します。

大浴場レストランを拡大。大浴場面積は現行船の2倍、レストランの席数は1.5倍となり、より快適にお過ごしいただけます。

④トラック積載台数が、現行船92台から、136台へと増加。モーダルシフトに対応します。

⑤定員一人当たりの面積が6.9㎡から10.9㎡へと拡大(1人あたりの内装面積)し、ゆったりとした空間をご提供します。

⑥最先端の技術やこだわりの設計により、静粛性を向上します。

もちろん、「さんふらわあ さつま・きりしま」で好評をいただいている、最上等級スイート」、3層吹き抜けのアトリウムプロジェクションマッピング、ペットと一緒に過ごせる「ウィズペットルーム」「ドッグラン」などを、ひきつづきご用意します。

 

4.スペック比較

①新造船の概要(2019年11月20日現在)

スペック比較1.png

 (※)船名については変更になる可能性があります。

②新造船の等級(2019年11月20日現在)

図1.png

5.フォトギャラリー

初代くれない.gif  

▲初代「紅丸」(1912年就航) 動くホテルとして旅行客を魅了。当時は石炭焚き。

2代目くれない丸.jpg

▲2代目「紅丸」(1924年就航) 「石炭を焚かぬディーゼル船」として、14ノットで運航した。

3代くれない.gif

▲3代目「くれない丸」(1960年就航) 戦後の瀬戸内海観光船就航幕開け第1船。映画館や理容室等を設置し、「瀬戸内海の女王」の愛称で親しまれた。2代目「むらさき丸」が姉妹船。 

191118-1-1_BEP_GA_LNG_Profile-くれない-min.jpg

▲「さんふらわあ くれない(※)」のイメージ。日本初のLNG燃料フェリー。

191118-7-1_Beppu-デラックス和室-min.jpg

▲3世代の”きずな”(KIZUNA)を深めるコネクティングルーム(イメージ)

191118-8_Beppu-スイート-min.jpg

▲瀬戸内海の3大架橋や島々の景色を楽しめる、専用バルコニー付き「スイート」

191118-13-2_Beppu-レストラン-min.jpg

▲レストランは、現行船の1.5倍に拡大

191118-4_Beppu-Atrium-マッピング-min.jpg

▲「さんふらわあ さつま・きりしま」で大好評のプロジェクションマッピングは、引き続き設置。

(※)船名については変更になる可能性があります。

大阪/志布志航路で大好評運航中 「さんふらわあ さつま・きりしま」

 2018年にデビューした大阪/志布志航路の「さんふらわあ さつま・きりしま」も、今回の新造船と同じく“初めての経験 わくわくドキドキ さんふらわあのカジュアルクルーズ”をコンセプトとしております。

 プロジェクションマッピングや広々とした大浴場、専用バルコニー付きの「スイート」などを設置し、多くのお客様に船旅をお楽しみいただいております。

 「シップ・オブ・ザ・イヤー2018 大型客船部門賞」を授賞した「さんふらわあさつま・きりしま」で、ぜひカジュアルクルーズをご体験ください。

 詳細につきましては、こちらからご確認ください。

さつま外観圧縮.jpg サイズ小アトリウム.jpg スイートパンフHP使用.jpg
▲さんふらわあ さつま 外観 ▲3層吹き抜けのアトリウム ▲バルコニー付きの「スイート」

 

これらの情報は、2019年11月20日現在の情報です。
実際の船がデビューする際には、一部内容が変更になることがございます。
また、船名は変更になる場合があります。

今後、情報は随時追記してまいります。