お知らせ

2019年01月17日

【終了しました】さんふらわあぱーるで、ひな人形展示

本イベントは終了致しました。

さんふらわあひな人形.png

さんふらわあぱーるの船内では、2月14日(木)まで、福岡県飯塚市・九州のひなまつり広報振興協会のご協力のもと、「いいづか雛(ひいな)」を展示しています。

座敷に飾る座敷雛は元々四国愛媛県の八幡浜が発祥の地ですが、すべてが題目を持ち、一つ一つがその題目通りに飾られる、独自性を持った座敷雛は、飯塚が発祥と言われています。

今回「さんふらわあ ぱーる」に飾られている雛人形も、この飯塚の座敷雛で、「日本の物語」をテーマに、日本の昔話と日本の祭りを絡ませ、見る人が楽しめるように作ってあります。

例えば、日本の昔話からは、「舌切り雀」や「京、五条大橋の弁慶と牛若丸」、「竜宮城の乙姫様や浦島太郎」が登場します。他にも隠されたところに、いろいろな昔話の物語が登場しますので、目を凝らし探してみるのも楽しみの一つです。

また、日本の祭りからは、北は青森弘前の「ねぷた祭り」、南は福岡博多の「山笠祭り」まで様々な祭りが登場します。中でも目を引くのが、大阪の「だんじり祭り」。色々な祭りが登場しますので、船旅の中でぜひお楽しみ下さい。

なお、飯塚市には日本有数のひな人形コレクションがあり、「いいづか雛のまつり」で展示される、20畳の空間に広がる座敷雛は圧巻です。

さんふらわあぱーるが到着する大分港から飯塚までは車で約2時間!船内の座敷雛をご覧になったあとは、座敷雛の街、飯塚へもぜひお越しください。

 

船舶 さんふらわあぱーる
神戸発展示日 1月奇数日・2月14日(木)までの偶数日
大分発展示日 1月偶数日・2月13日(水)までの奇数日
展示時間 乗船時間~22時15分、翌朝5時30分~入港
展示場所 5階 ツーリスト5802号室
テーマ 日本の物語
展示する物語 舌切り雀、牛若丸、浦島太郎、
ねぷたまつり、だんじり、博多山笠 ほか

※姉妹船のさんふらわあごーるどには展示いたしません。

いいづか雛のまつりについて、詳しくは飯塚市観光ポータルをご覧ください。

 

P1070500.JPG

 

 

P1070490.JPG

 

P1070527.JPG