星空教室 2020年4月

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2020年の星空

2020年4月の夜空

西の空

西の空
この星空が見える時間
4月初旬21時半頃
4月中旬20時半頃
4月下旬19時半頃

4月は宵の西の空が賑やかです。今年は、日没後にまず輝き出すのが宵の明星・金星。夕焼けの空が徐々に紫色へと変化していく中で輝きはじめます。刻々と変化していくこの時間帯の空は本当に美しく、暗くなるにつれて明るい1等星たちがポツリポツリと姿を現してくるので、時を忘れて眺めてしまいます。すっかり暗くなった頃には、その1等星たちが形づくる冬のダイヤモンドや冬の大三角が大空にすっかり出来上がっているのです。西の空で星座をつくる星々は、毎日同じ時間に見ていると、日に日に少しずつ沈んでいきます。私たちから遥か遠くで輝くこれらの星々に対し、地球とともに太陽を廻る惑星は、夜空で違った動きを見せます。惑星の金星は、今月は毎日ほとんど同じ高さに見えはじめ、22時ごろに沈んでいきますが、5月に入ると星座の星々と同じような動きに変化するので、この宵の明星を3時間たっぷり楽しめるのは今月の見どころと言えるでしょう。また、太陽や月は沈むときや昇るとき、その輝きが海面に映り、とても美しい光の道を見せてくれるのですが、明るい金星も微かな光の道を見せてくれることがあります。これは普通の星ではほとんど見られず、それらよりもはるかに明るい明星・金星が、暗い海に沈んでいくからこそ見られる風景です。太陽が放った光が金星に届き、それが跳ね返って地球へ向かい、さらに海が反射して私たちの眼に届く。海面に映った金星の輝きは、太陽が放った光の中でも最も数奇な道のりを辿ってきたものと言えるでしょう。雲のないよく晴れた日に、よく見ないと気づけないような微かな光の道ですが、見られたときにはなんとも不思議な感じがします。22時より少し前、お休みの前にちょっとデッキに出てみたら、見られるかもしれません。

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
4月初旬22時頃
4月中旬21時頃
4月下旬20時頃

宵の口に北斗七星が北東の高い空に見えるようになると、また春が巡って来た、と感じます。柄杓に見立てられたこの形は夜空で見つけやすく、星が見えにくくなった現代でも見たことのある人は多いでしょう。昔は、ななつぼし(七つ星)、しそうのほし(四三の星)、かじぼし(舵星)など、様々な名前でよばれていたようです。柄杓の柄の先から5つの星を結んでできる、ふなぼし(船星)という名前もありましたが、この形はアイヌの人々には弓に見立てられ、ク・ノチゥ(弓星)とよばれていたそうです。さらに残りの2個の星を結んで矢に見立てるアイヌもいて、アィ・ノチゥ(矢星)という名前も伝わっています。北斗七星の先を5倍ほど延ばすと、北天の中心の星、北極星を見つけることができますが、それを描くと、矢の星、アィ・ノチゥがまさしく北極星を射ようとしているようにも見えてきます。

南向きの頭上近くの空

南向きの頭上近くの空
南向きの頭上近くの空
21時前後

北斗七星の柄の曲線を延ばしていくと、1等星の麦星、真珠星につながります。真珠星が早くに見えるようになると、いよいよ春も本番です。その頃には春を先駆けて昇ってきたしし座は、南の高い空に落ち着いて見えるようになります。星々の姿はそのまま季節のシンボルです。昔の人々がそれぞれ、色々に星の姿をとらえていたように、私たちも自分なりの季節のシンボルを、夜空に見つけて楽しんでみましょう。

明けの空にならぶ惑星

4月に入っても、夜明け前の南東の空には木星・土星・火星の三惑星が並んで明るく輝きます。ただし、火星の夜空での動きは大きく、先月とは並ぶ順が変わり、日に日に土星・木星から離れていきます。火星は明るさの変化も大きく、月初は土星より暗いのに、月末には明るくなります。14日から18日にかけては月も並びに加わり、さらに賑やかになる明け方の空です。夜明けが早くなってくる分、見るには少し早起きが必要ですが、見応えのある星空です。ちょっと頑張ってみるのはいかがでしょう?4時ごろには低い空に見え始めます。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

PAGE TOP