さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2019年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座η流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2019年9月の夜空

南の空

南の空
この星空が見える時間
9月初旬21時頃
9月中旬20時頃
9月下旬19時頃

秋分を迎える9月は、日暮れが3月下旬と同じくらいとなり、ずいぶん早くなってきます。日中はまだまだ暑い日が続きますが、夜になると少し涼しくなり、気持ちよく星空を眺めることができます。日没して30分もすると、まずは明るい木星と土星が南の低い空で輝きはじめ、やがて近くに赤く輝く1等星・赤星も見えはじめます。頭上に目を向けると、こちらにはおりひめ星・ひこ星、そしてあとたなばたが輝きはじめ、夏の大三角をつくりだします。やがて十分に暗くなると十文字星の形も見えてきて、月明かりがない夜は、その十文字の縦のラインから土星と木星の間に向かって天の川の流れが見えてくるでしょう。
今年の春、「ブラックホールが初めて直接観測された!」というニュースが写真とともに世界を駆け巡りましたが、現在解析中で待望されている2枚目は、天の川の最も濃いところ「いて座A*」の写真です。ここは、私たちの太陽を含む、数千億個の星がつくる渦巻円盤形の星の集団「銀河系」の中心で、そこには太陽400万個分の質量のブラックホールがあると考えられています。一方、頭上の十文字星(はくちょう座)には「はくちょう座X-1」とよばれる、夜空のレントゲン(X線)写真を撮るととても輝いているところがあります。X線の輝きの変動から、そこには太陽10個分の質量をもつブラックホールがあるとしか考えられない、と、約50年前、世界で初めてブラックホールの存在が認められたところです。どちらももちろん肉眼で見えるわけではありませんが、ブラックホールの姿を思い浮かべながら夜空を眺めてみると、ちょっと今までとは違った星空に見えてこないでしょうか。ぜひ、試してみてください。

北の空

北の空
この星空が見える時間
9月初旬21時頃
9月中旬20時頃
9月下旬19時頃

春から夏にかけてよく見えていた北の空でお馴染みの北斗七星は、そろそろ全体像は見納めの時期になってきました。真北の空で方角を教えてくれる北極星は、これから冬にかけては、北斗七星と反対側に見えるカシオペヤ座をたよりに探すことになります。カシオペヤ座は、日本ではW字形に見えていかり星、またM字形に見えてやまがた星とも言われていましたが、今月は見ごろの時刻には、ちょうど数字の3のように見えます。真夜中になれば北極星の上でM字の山形に、明け方になれば北西の空にε(イプシロン)形に見え、その形や北極星に対する位置は、時計の針のように刻を示してくれるのです。頭上の十文字星からいかり星にかけて、よく見ると、こちらにも天の川がつづいています。南に流れる天の川に比べると薄いので、気づかれないことも多いですが、海上の暗い夜空なら、月明かりがなければ見えるでしょう。南の低い空の、夏の天の川は来月には見えづらくなってくるので、夏の天の川から秋の天の川まで、夜空を大きくまたぐ天の川を見渡せる今月は、一年で最も天の川を楽しめる時期です。ぜひ、眺めてみてください。東の空には枡形をしたますがた星も見えてきます。秋の四辺形とも言われるこのますがた星が夜空に見えてきたら、日中はまだまだ暑くても、秋はもうそこまで来ているんだと感じられます。

秋のお月さまをのんびり愛でよう

今月は、昔の暦の葉月(八月)にあたります。昔の暦では文月・葉月・長月を秋とし、葉月は秋の真ん中、中秋とも言いました。そう、中秋の名月というのは葉月(八月)十五日の、丸い月のことをいうのです。今年は9月13日がその日にあたります。月の形は毎日、そして見える位置、時刻も毎日変化します。さらに実は、見える高さも1年を通してずいぶんと変化します。中秋は、気温も天気も、夜の長さも、月を見上げる高さも一年中で最もほどよくなる季節です。今年は惑星にもぐっと接近します。どうぞ船上の秋の月を、存分に楽しんで下さい。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP