星空教室 2020年7月

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2020年の星空

2020年7月の夜空

南東の空

東の空
この星空が見える時間
7月初旬22時頃
7月中旬21時頃
7月下旬20時頃

夏はまだこれからが本番ですが、夏至を過ぎて7月に入ると、少しずつ夜の始まりが早くなります。上旬はまだ梅雨空で星が見られない夜が多いですが、晴れた日の夜には七夕の星々が一晩中輝きます。月明かりの影響がない新月の前後なら、天の川も見られるでしょう。今月は21日が新月なので、ちょうど梅雨明けにタイミングが合いそうです。南東の低い空には、七夕の1等星よりもさらに明るい星が輝いています。太陽系最大の惑星、木星です。そしてそのすぐ近くに、土星も並んで輝いています。地球を含め惑星は、太陽からの距離に応じた速さで太陽の周りを巡っており、地球は1年で1周しますが、木星は約12年、土星は約30年かけて太陽を巡っています。互いに太陽を廻りながら距離が変化する惑星は、夜空に見える季節や位置、明るさも、星座をつくる星々とは違う変化をします。地球の外側を廻る木星や土星の場合、1年で最も明るく見えるのは、太陽・地球と一直線に並ぶときで、今年は木星が7月14日、土星が21日にその時を迎えます。1年で最も明るくなっているこの二惑星が、同時に空に並んで輝くことはなかなかありません。晴れた日の夜はぜひ眺めてみましょう。おりひめ星・ひこ星の間を流れる天の川は、釣り針の形をした「魚つり星」の、針の先に向かって流れており、今年の木星・土星はその天の川のほとりで輝いています。そして二惑星と魚つり星の間には、北斗七星とよく似た柄杓(ひしゃく)の形をした南斗六星があります。今にも天の川の水を掬わんとしているように見えますが、ちょうどそこは我々の住む銀河系の中心であり、巨大なブラックホールがあると考えられているところです。この銀河系中心のブラックホールの写真が、近い将来公開されるとみられ、注目されています。

北西の空

西の空
この星空が見える時間
7月初旬21時半頃
7月中旬21時頃
7月下旬20時半頃

東の空は夏の星々で賑わいはじめましたが、西の空では春の星が名残りの輝きを放っています。明るく目立つのはやはりオレンジ色の麦星で、麦刈りも終わった7月になると、少し西に傾いた空で日没から輝きはじめます。星座になっている夜空の星々、太陽のように自ら輝く恒星は、その中心で起こる核融合によってエネルギーが生まれ、光を放つと考えられています。また生まれたときの質量によって、たどる一生の道筋、長さも決まると考えられます。麦星は、1等星の中では太陽に似た星で、少し先を歩んでいる星です。つまり、いま黄色っぽく見える太陽は、やがて麦星のようにオレンジ色になるのです。さらに先を進んでいるのが、明け方の空に見えるアルデバランで、麦星も太陽も、やがてアルデバランのような赤い星になります。赤い星は熱そうに感じられますが、実はそうでもなく、赤くなるほど星の温度は低くなります。一方、青白く一見クールに見える真珠星は、実はとても熱い星です。また、私たちには麦星の方が真珠星より明るく見えますが、真珠星は麦星より7倍も遠くにあり、もしこのふたつが同じ距離にあれば、真珠星の方が40倍も明るく輝きます。少し控えめに輝いて見える真珠星は、実は明るく輝いて見える麦星よりも、はるかに熱く激しく輝く星なのです。はるか彼方にあって手に触れることが出来ない星々ですが、古代より魅了されてきた人々によって重ねられてきた研究から、見た目とは違う星々の実体が、日々明らかになっています。

明けの空に月 火水木金土星

明け方の空に輝く明星・金星は、7月10日に最も明るくなります。星座の星々に対して日に日に移動する金星は、ちょうどその頃おうし座の1等星アルデバランと並びます。金星は太陽の光を反射しているだけです。でもその桁違いの輝きに思わず見入ってしまいます。18日頃からは低い空に水星も見えはじめ、西の空の木星・土星、南の空の火星とあわせ、五大惑星すべてが明け方の空に見られます。さらに満月の5日から2週間は月も明けの空で見られ、特に18,19,20日は肉眼で見える太陽系の星を、すべて見渡すことができます。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

PAGE TOP