さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2019年
2020年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座δ流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2020年1月の夜空

南東の空

南東の空
この星空が見える時間
1月初旬20時半頃
1月中旬19時半頃
1月下旬18時半頃

寒さが本番となってくるのはまだこれからですが、冬至を過ぎて徐々に日暮れは遅くなりはじめました。とはいえ1月はまだ18時を過ぎれば東の空に冬の明るい1等星たちが輝きはじめ、六角形の冬のダイヤモンドや、冬の大三角といった星形がすぐに見つけられるでしょう。明るい1等星が多く集まるこの領域は、地球から見られる最もにぎやかな星空です。最も明るい星は、最後に昇ってくる大星(シリウス)で、地球から見える恒星(太陽のように自ら輝く星)の中で最も明るく見えます。日本で大星とよばれていたのも、その明るさから大きく感じられたからでしょう。しかし、それは大星が8光年と、宇宙で3番目に近い恒星だからです。星としてとても大きく明るいのは、鼓形をしたつづみ星(オリオン座)の両端を飾る、赤い平家星(ベテルギウス)と青白い源氏星(リゲル)です。どちらも500光年以上離れているにもかかわらず、見た目も明るく、超巨星とよばれる大きな星です。星は、大きく重たく生まれるほど短命で、数千万年で死を迎えると考えられています。それを考えると、地球では1億年前に恐竜が全盛期を迎えたと言われていますが、そのころは平家星も源氏星もまだ生まれていなかったということになります。恐竜が夜空の星を眺めた、かどうかはわかりませんが、その頃ここは、今ほどにぎやかな星空ではなかったのです。大きな星の場合、壮絶な大爆発によって最期を遂げます。生まれた頃は青白く輝いていたはずの平家星は、いま、膨らんで赤くなり(直径は太陽の千倍!)、膨張と収縮を繰り返す不安定な終末期に入っています。近い将来、爆発して一瞬、月ほど明るくなりますが、その後消えて見えなくなります。
私たちの時間スケールでは永遠に感じられる星空、宇宙も、やはり無常なのです。

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
1月初旬20時半頃
1月中旬19時半頃
1月下旬18時半頃

これからしばらく、日が暮れた後の西の空では、宵の明星・金星が楽しめます。日没は日に日に遅くなり、星座の星々は日に日に沈むのが早くなっていきますが、金星は日に日に高いところへ移動して行くので、見えやすくなっていきます。金星は惑星なので自ら輝いているのではなく、太陽光を反射して輝いています。地球と双子と言われるほど大きさや重さが似ていますが、二酸化炭素の大気に包まれ気温は450℃、その環境は地球と大きく異なります。厚く覆う硫酸の雲は太陽光をよく反射し、最も地球に近づく惑星でもあるので、実際は木星や土星より小さくても、とても明るく輝いて見えるのです。あまのがわ星(デネブ)は、やまがた星から続く天の川の中で輝く1等星で、太陽よりはるかに大きく明るい恒星(自ら輝く星)ですが、1,400光年も離れているので、金星の方が明るく見えます。一方、ペガスス座51番星は、太陽にとてもよく似た星ですが、50光年という距離でも、肉眼でギリギリ見えるか見えないか、という輝きです。1995年、この星のすぐそばを、木星のような惑星が廻っている証拠が見つかりました。宇宙で初めて見つかった、よその星の惑星です。自ら輝かない小さな惑星は、なかなか見えません。でもやはり、宇宙にはたくさんあったのです。現在では4,000個を越えるよその惑星が見つかっています。そんなことから、星空を一見しただけでは私たちには宇宙の広がりや本当の姿はわかりませんが、宇宙のどこかには、きっと生き物が棲む星があり、夜空に星や惑星の輝きを楽しんでいるんじゃないかと、そんな風に思うのです。

旅する惑星 金星と火星

地球と同じように太陽の周りを廻る惑星は、はるか彼方で輝く星座をつくる星々、恒星とは夜空で全く違う動きをします。特に地球に近い金星と火星は、相対速度が速く、まるで旅するかのように、星座の中で日々その位置を変えていきます。今月は、日没直後の西の空に金星が、日の出直前の東の空に火星が見られます。そして地球との距離によって、その位置だけでなく、明るさも変わっていきます。毎日見ていてもよく分からないかもしれませんが、1週間、10日おきに見てみると、変化が感じられます。ぜひ旅する惑星に注目してみましょう。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP