星空教室 2020年9月

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2020年の星空

2020年9月の夜空

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
9月初旬21時半頃
9月中旬20時半頃
9月下旬19時半頃

残暑が厳しい9月ですが、下旬に秋分を迎え、日暮れは早くなってきました。20時ごろには十分に暗くなり、東の空には秋の夜空の目印、秋の四辺形が昇ってきます。計りの枡に見立てて日本ではますがた星ともよばれていたこの秋の目印は、みな2等星なので、夏や冬の大三角ほど目立ちません。でも空にてんでばらばらに輝く星々のなかで、整然と四角に並ぶこのかたちは、見つけるとやはり、印象に残ります。枡に続いて昇ってくるのは、枡に盛った余分な米を掻き落とす斗掻き棒。とかき星とよばれていました。収穫の秋にふさわしい組み合わせの星座です。西洋では、それぞれ天馬ペガススとアンドロメダ姫の姿に重ねられました。カシオペヤ女王の失言の尻ぬぐいで生け贄にされるアンドロメダ姫を、ペガススに乗った勇者ペルセウスが救うという神話の登場人物たちが、このあたりの空には映し込まれています。秋から冬は、北斗七星が見えにくくなり、真北の方角を教えてくれる北極星は、カシオペヤ座から探しやすくなります。日没とともに現れるカシオペヤ座は、一晩中、北極星を巡りながら輝きます。現在使われている円形に数字が並ぶ時計は、15世紀前後に発明されたようですが、W形、数字の3形、M形、ε(イプシロン)形と、刻々と見え方を変えながら北極星を巡るカシオペヤ座を見ていると、丸い時計盤と針のアイディアはこの北の空の星々の動きからきたのではないか?と想像してしまいます。 夜が深まると、赤い火星も昇ってきます。10月に地球に最接近する火星は、月末に向けて、日に日に明るさを増していきます。その変化を追いかけてみるのも面白いでしょう。

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
9月初旬21時半頃
9月中旬20時半頃
9月下旬19時半頃

今月も、頭上にはまだ夏の星々が明るく輝いています。夏の夜空の目印・夏の大三角の中に見える十文字星は、西洋では大神ゼウスが変身した白鳥に見立てられています。夜空の頂で羽を大きく広げて羽ばたくように輝く様は、まさしく全宇宙を支配しているように感じられます。この十文字星から南斗六星に向かって、ぼんやりと雲のような白っぽいものが見えたら、それは天の川です。月明かりのない晴れた夜ならば、きっとその流れの濃き薄きも見えてくるでしょう。天の川は北側のいかり星、カシオペヤ座に向かっても流れています。水平線から夜空を大きくまたいで流れる天の川は、海上ならではの、見応えのある風景です。今年はそのほとりで木星と土星が明るく輝き、ことさら賑やかです。日本でその色味から赤星とよばれていた星は、さそり座の1等星アンタレスです。明るい1等星が赤い色をしている場合、それは赤色巨星とよばれる、壮年期から終年期に入り、寿命に近づき始めた星です。中でもアンタレスは、オリオン座のベテルギウスとともに、赤色超巨星とよばれる、特に重たく大きな星で、もしアンタレスを太陽の位置に置いたとすると、地球はおろか、火星も飲み込まれてしまうほど大きく膨れあがっています。そして木星はアンタレスを取り囲む分厚い大気の中にあり、土星のあたりからはガスが勢いを増しながら外側へと、星風となって宇宙空間に吹き出している、というイメージが最近の研究で分かってきました。夜空で小さく輝いて見える星ですが、太陽をはるかに超えるスケールを持っているのです。赤色超巨星はやがて、大爆発を起こします。恐ろしいことではありますが、十分に距離があるので心配は要りません。天文学者はその瞬間を目撃することを夢見ています。

秋の1等星を探してみよう!

天の川から少し離れた秋の夜空には、明るい星があまりありません。そんな中ひとつポツンと輝くのがあきぼし・南のひとつ星です。和名には、その寂しさが感じられます。この星は、太陽より少し大きな星ですが、まだかなり若く、星として一人前に輝きはじめて間もないとみられています。星の周りにはガスと塵のリングがあり、小天体同士が激しくぶつかり合っていると想像されています。それは太陽系の40億年前の状況とよく似ているのではないかと、注目を浴びています。寂しいけど激しいあきぼし、ぜひ探してみてください。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

PAGE TOP