星空教室 2020年12月

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2020年12月の夜空

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
12月初旬20時頃
12月中旬19時頃
12月下旬18時頃

今年の12月の夜空には、滅多にない見どころがあります。ひとつは、木星と土星の大接近。日没とともに南西の低い空に現れる明星・木星と、そのそばで少し控えめに輝く土星が日に日に近づき、21日に夜空で超接近します。これは、木星も土星も、そして私たちの居る地球も太陽の周りを廻っていることから起こる、見かけの上での接近で、実際の土星と木星が接近しているわけではありません。しかし見かけ上とはいえ、明るい星同士がこれほど接近して夜空で輝くことは滅多にないので、きっと誰にとっても初めて見る光景でしょう。緯度の高い国では高度が低すぎて見えませんが、日本では西の視界が広がっているところなら見ることができます。水平線まで空の広がる船上は、絶好の観測場所ですので、ぜひ並んで明るく輝く二星を楽しんでください。ただ、太陽を追いかけるように沈んでいくので、薄明の時間帯に見にいきましょう。惑星は日々夜空でそれぞれに動いているものの、惑星同士が離れているときは多少近づいても気づきにくいのですが、これだけ接近するときは日々の変化が目に見えて感じられます。毎夜見上げて、カウントダウンしながら21日を待つのもおもしろいでしょう。三日月が二惑星のそばで華を添える17日の空も楽しみです。空が十分に暗くなると、北寄りの空に大きな十字架が立ち上がり、クリスマスシーズンの夜空を飾ります。また月明かりがなければ、十文字の縦ラインに重なって、おりひめ・ひこ星の間に向かって流れる天の川も見られるでしょう。そして南の高い空には火星が赤々と輝き、秋の夜空のシンボル・秋の四辺形も、ぽっかりと浮かんでいます。

東の空

東の空
この星空が見える時間
12月初旬22時頃
12月中旬21時頃
12月下旬20時頃

12月は後半に、夜が最も長くなる冬至を迎えます。17時頃に陽が沈み、19時にはとっぷりと暗くなりますが、東の空には冬の明るい1等星たちが次々と昇ってきて、夜空はどんどん賑やかになります。この領域には1等星が7個もあり、地球から見られる星空の中でも最も華やかな領域です。外側の6個を結んでできる六角形や、最も明るい大星(シリウス)を含むきれいな正三角形は、冬のダイヤモンド、冬の大三角とよばれ、冬の夜空のシンボルになっています。
冬のダイヤモンドの中で輝くベテルギウスは、その赤さから日本には平家星という名前が伝わる星で、昨年11月頃から今年2月にかけて、目に見えて急激に暗くなり、注目を集めました。間もなく寿命を迎えて大爆発を起こすと考えられており、その前兆から注視されている星だからですが、今回の減光は表面で大きな爆発が起きて、吹き出したガスが光を遮って暗くなったのだろう、という研究があがってます。スケールが大きく変化もゆっくりな星が、私たちの時間スケールで目に見える変化をすることは、なかなかありません。「間もなく」という寿命も10万〜100万年くらいの先に、というのが天文学者の見立てです。でも終末期で不安定な平家星、ベテルギウスは、この冬にもなにか変化が起きるかもしれないので、やはり注目の星です。

ふたご座流星群と明けの明星に注目

今月の、もうひとつの滅多にない見どころは、ふたご座流星群です。ふたご座の輻射点から放射状に流星が流れるこの流星群は、その数がとても多いことで知られます。今年は久しぶりにピークの14日と新月が重なり、ひと晩中いつでも観察しやすい条件がそろいます。
流星はピーク前からポツポツ見られ、10日くらいからは深夜まで月が昇らないので、見られるチャンスは多いです。また明け方の空には、金星が今月もまだなんとか見られます。夜明けが最も遅い冬至のころは、最も楽に明けの明星が見られる、貴重な時期です。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

PAGE TOP