さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2017年
2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • しぶんぎ座流星群
  • こと座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2018年12月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
12月初旬21時半頃
12月中旬20時半頃
12月下旬19時半頃

12月になると、冬至に向かってぐっと夜の訪れが早くなり、一気に冬の星々が現れてくるように思えます。明るい星々に先駆けて昇ってくるのは、小さな星がくちゃくちゃっと集まって見える「すばる」です。肉眼では6個ほどの星が見えますが、実際には100個くらいの星々が集まっている星団です。明るい街の夜空では気づきにくいですが、空が暗い場所ではその淡く広がりのある輝きが、かえって点で輝く星とはちがう存在感があり、目に付きます。カペラはこのあたりでは大星(シリウス)に次ぐ明るい星で、すばるとほぼ同時に昇ってきますが、日本では特有の名前ではなく、「すばるの相手の星」という意味合いの名前がいくつも伝わっています。明るくはっきりと輝く星より淡いすばるの方に注目する、日本人らしい星の見方といえるのではないでしょうか。とはいえ最も北寄りの空で輝く1等星カペラは、ほとんど沈まぬ息の長い星です。きっと誰もがどこかで、その輝きに出会っていることでしょう。早い時間にオリオン座が空に昇ってくると、いよいよ冬本番だと感じます。太鼓に見立てて日本では「つづみ星」とよばれたこの星座は、赤い平家星と青白い源氏星、ふたつの1等星を携えて、夜空で最も豪華な星座です。月明かりのある夜でもよく見えて、水平線の上にぽっかり浮いているようすに、ふと、距離の感覚が分からなくなり、なにを見ているのか不思議な気分になったことがあります。みなさんには、どんな風に見えるでしょうか。12月14日の夜は、ふたご座の銀ぼしのあたりから放射状に流れるふたご座流星群も見られます。1年で最も夜の長い12月、夜空のさまざま、ぜひ見上げて眺めてみてください。

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
12月初旬21時頃
12月中旬20時頃
12月下旬19時頃

本格的な寒さがやってくる12月になると、いよいよ夏の星々は早い時間に西の空に姿を消していきます。その中で最後まで姿を見せてくれる北十字星は、水平線の上に立ち上がる夜空の大きな十字架で、クリスマスシーズンの夜空にぴったりです。天の川の中で輝く北十字星ですから、双眼鏡があれば、まわりにたくさんの星が見えてきて、ツリーの電飾のようにキラキラ輝く姿を楽しむことができます。天の川は、北の高い空のやまがた星へと延びていて、そのまま東の空のすまるのあいて星(カペラ)、平家星(ベテルギウス)、大星(シリウス)のあたりへと続いていきます。天の川は夏に見えるもの、と思われているかもしれませんが、冬の夜空にも天の川はあるのです。月明かりのない晴れた夜なら、きっと見えるでしょう。ふたこぶの山の形をしたやまがた星からは、夜の航海では真北の指針となる北極星を見つけることができます。北極星が見える方角は、どこでもほぼ真北で変わリませんが、見える高さは緯度によって変わります。瀬戸内なら35°弱ですが、鹿児島なら30°強の高さ。小さいようですが、腕を伸ばしてつくった拳の半分くらいは違います。南北に長い旅をしたときには、北極星の高さを測って、地球の丸さを体感してみるというのも一興です。

明け方の空に水星・金星・木星

12月の夜明けはゆっくりやってきて、その明けの空には明星、金星が輝いています。夜明けに向かって徐々に星が見えなくなっていくなか、金星だけは別れを名残り惜しむように日の出直前までその輝きを見せ続けてくれます。中旬の10日ほどは、水平線の上、10°くらいの高さに水星が現れます。太陽の近くを廻る水星が見られるチャンスは年に数度、一度に10日ほどです。まさに旬のものです。下旬からは、木星の高度が徐々に上がってきて、見えやすくなっていきます。そして22日前後は水星との接近遭遇に注目です。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP