さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2017年
2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • しぶんぎ座流星群
  • こと座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2018年8月の夜空

南の空

南の空
この星空が見える時間
8月初旬21時半頃
8月中旬20時半頃
8月下旬19時半頃

今年の夏は南の空に、火星・土星・木星と、3つの惑星が明るく夜空を飾っています。7月末に地球に最接近したばかりの火星は特に明るく、今月は木星をしのぐ明るさで輝きます。どれも同じ太陽の光を反射して輝く惑星たちですが、赤茶けた大地が反射する火星の輝きは、他の惑星よりもずいぶんと赤く、夜空で目を引きます。一方、釣り針のような形に見える魚つり星(さそり座)の中の赤星も、名前のとおり赤く輝く1等星です。ただし、こちらは太陽のように自ら光を放つ恒星で、輝くしくみは全く違います。しかしその見た目の似た色輝きから、西洋ではその昔、赤星をアンチ・ターレス(火星に対抗するもの・似たもの)とよび、それがアンタレスという名に変化したと言われています。南の空のふたつの赤い星が輝くようすを、ぜひ実際の空で見比べてみてください。

天頂

天頂
この星空が見える時間
8月初旬22時頃
8月中旬21時頃
8月下旬20時頃

明るい火星と木星にはさまれて少し地味に見えてしまいますが、土星も頭上の1等星・おりひめ星やひこ星に劣らず輝いています。今年の土星は、ちょうど天の川の中で輝いています。おりひめ星、ひこ星、そして十文字星を見つけたら、十字の縦のラインを土星へ向けて眺めてみましょう。眺めるときのコツは、一生懸命に見ずに、目の端を意識してぼんやり眺めること。薄い雲のような筋が見えたら、それが天の川です。天の川は、目ではっきり見ることのできないほど遠くの、何千億個もの星々からやってくる微かな光。ひとつひとつは星として見えないのに、ひと筋の何か、に見える、不思議な光景です。何万年もの時間をかけてこの宇宙を旅してきた星の光を受けとれたなら、それだけでものすごいことだと思いませんか?デッキのランプを見ないようにしながら、少し暗いところで目を慣らし、微かな、微かな天の川を探してみましょう。月明かりのない晴れた夜ならば、きっと見えます。

西の空

西の空
この星空が見える時間
8月初旬21時頃
8月中旬20時頃
8月下旬19時頃

西の低い空では、太陽が沈むと間もなく宵の明星(みょうじょう)・金星が輝きだします。南の空の3惑星よりさらに明るい金星は、「キラッと輝く」という言葉が一番似合う星でしょう。とても明るいことから、昔は「あかぼし(明星)」、そしてやはり「きらぼし」というよび名もあったそうです。万葉集や枕草子には「ゆうづつ(夕星)」と記されていて、夕焼けの空に輝き出す金星の姿が現れています。名前からは、人々が金星から受けていたさまざまな印象を受けとることができます。皆さんならどんな印象をうけるでしょうか。金星は21時頃には沈んでしまうので、早めの観察がおすすめです。空が十分に暗くなると、少し高いところにオレンジ色の麦星が見えてきます。麦の刈り入れ時期は過ぎたので、この星も西に傾いてきました。100年ほど前、天文学者は星の色と明るさを調べることで、星を状態を知ることができることを突きとめました。その関係から、おりひめ星やひこ星は元気に熱く輝く壮年の星、麦星は熱さが失われてちょっと膨れてきた熟年の星、赤星は体温(星温?)が低くなった、でもとても大きな存在となった老年の星、ということがわかっています。おりひめ星やひこ星の白さ、赤星の赤さとあわせて、ぜひ麦星も色に注目して見て下さい。麦星から北側に目を移すと柄杓形の北斗七星と、北斗七星を頼りにして、ひっそりと輝く北極星を見つけ出すことができます。北極星が見つかれば、その方角が真北と一致するので、船が進んでいる方角がわかります。天文航海の基本の観測。航海の記念にどうぞ挑戦してみて下さい。

夏の流星群と水星に注目!

8月13日の未明、ペルセウス座流星群がピークになります。ペルセウス座の輻射点から放射状に流れる流星は、8月第2週くらいから、深夜から未明の空にポツポツと出現しはじめます。夏の夜風にあたりながら、ぼんやりと空を眺めて気長に待ってみましょう。22時以降、月が昇ってくるまでの時間がお奨めです。また、8月最終週は、夜明直前の午前5時前後、東の水平線の少し上、朝焼けの空の中に、水星が見られます。見えるチャンスの少ない水星ですが、船上は絶好の観察スポットです。どうぞ、探してみて下さい。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP