星空教室 2021年6月

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360度どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

※当イベントは開催日限定イベントです。イベント日程はこちらでご確認ください。

2021年の星空

2021年6月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

今月は、21日に夏至を迎えるので夜の訪れが遅く、また梅雨空で星がなかなか見えないかも知れません。でも雨は大気を洗って澄んだ空をもたらし、五月晴れの夜はきっと美しい星空が見られるでしょう。空が十分に暗くなったころには、東の空には夏の訪れを告げる七夕の星々が姿を見せます。白く輝く1等星たちは大きな直角三角形に並び、夏の夜空の象徴としてこれから半年にわたり空をにぎわします。南東の空に目をうつすと、釣り針の形をした魚つり星が、海から引き上げられるように昇ってきます。赤星は、その名のとおり赤い1等星ですが、西洋では火星に対抗するものとしてアンタレス(アンチ・アレス)と名づけられています。今年は日没後間もない時間帯ならば、西の低い空に火星(アレス)も見えているので、見比べてみるとよいでしょう。とても似た色をしていますが、赤星は星自体から放たれた光で、火星は太陽光を反射した光、似て非なる輝きです。また約550光年彼方にある赤星までの距離は一定ですが、互いに太陽を廻る火星と地球の距離は日々変わり、火星の明るさは変化します。両星は明るさで対抗し合っているのです。さて、今月の明るさの軍配はどちらに上がるのでしょうか。
ところで、先月5月26日の満月の夜に月食が起こりましたが、それから半月、6月10日の新月に、今度は日食が起こります。日食は、月が太陽と地球の間を通過して、地球に影を落とす現象です。影が落ちる地域では、太陽が月に隠され、見えなくなります。残念ながら、今回その影は日本には落ちませんが、新月となる19時53分、太陽と月、地球は一直線に並んでいるのです。地球が太陽を廻る軌道面と、月が地球を廻る軌道面は、同じではなく、傾いて交差しています。そのため、太陽、月、地球が一直線に並ぶチャンスは半年に1回しかありません。今年は半年後の日食も日本では見られませんが、地球の影の中を月が通る月食は、半年後の11月19日に再び日本でも見られます。楽しみに待ちましょう。

西の空

西の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

西の低い空の火星は、時間とともにどんどん沈んで行くので、日没間もない時間から8時過ぎまでが見ごろです。13、14日には細い月が寄り添い、下旬になると、さらに低いところで輝く明星、金星が日に日に近づいてきて、付近はにぎやかになります。この二惑星は7月半ば、超接近して見えるので、これからしばらく注目です。その上方のいとかけ星、しし座は、今にも海に飛び込まんとする姿に見え、そろそろ見納めの時期になってきました。獅子、ライオンは、アフリカサバンナの動物という印象が強いですが、古代はインドからヨーロッパまで広く生息していたと見られ、王の象徴や守護者とされました。ただ、しし座の獅子は神話の怪獣で、退治される存在です。それでも悠々と寝そべるその姿は、とても格好よく見えます。高い空に目をうつすと、北西の空に柄杓形をした北斗七星がよく見えます。柄杓の柄のカーブを延ばしていくと、頭上ではオレンジ色の星が輝いています。6月は麦秋、麦の刈り入れの時期で、この時期の宵、頭上で明るく輝くこの星は、日本では麦星とか麦刈り星とよばれ親しまれていました。暗くなって農作業を止め、腰を伸ばしてふっと空を見上げると、労を労うように迎えてくれたのでしょう。春の大曲線とよばれるこのカーブは、真珠星、よつ星へと続きます。

宵の明星・金星と夜中の明星・木星

日暮れの最も遅い6月ですが、日没後30分もすると、西の低い空に、「宵の明星」金星が、麦星の40倍もの明るさで輝きだします。一方、初旬は深夜1時を過ぎるころ、下旬は0時を過ぎるころに、東の低い空に木星と土星が見えるようになってきます。朝夕にしか見えない、地球より内側で太陽を廻る金星と違い、夜中にも見える木星には「夜中の明星」という異名があり、麦星の10倍も明るく、金星に負けぬ魅力をみせます。夏の終わり頃には日暮れすぐに見えるようになりますが、一足先に、夜中に味わうのもオツでしょう。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

PAGE TOP